スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三国志98 祖国を離れるの巻 

趙雲から曹操が五十万の軍で荊州を攻めていると聞いた劉備は慌てふためきました。
彼はそれまでの堕落していた日々から一瞬で目が覚め、すぐに荊州に戻らなくてはと考えました。
しかし、妻となった孫夫人は呉国太が大変かわいがっており、一緒に呉を離れることは許してもらえそうにありません。
彼が荊州に戻るということは孫夫人との別れを意味していましたが、荊州やそこで待っている人のことを考えると妻と別れて戻るしかないのでした。
しかし、その話を聞いた孫夫人は愛する夫と離れることはできないと、祖国や呉国太と別れて劉備についていくことを決めるのです。
こうして孔明の策により、趙雲は劉備を夫人ごと荊州に戻す決意をさせることに成功したのです。

劉備と孫夫人は元旦になるのを待ちました。
この日は宴席が設けられ、皆酒を飲んで油断しており、なおかつ新年の挨拶周りだといって城を抜け出すチャンスでもあったのです。
呉国太に新年の挨拶をすませた二人は何気ない顔で城を抜け出し、そのまま真っすぐ荊州へ向かいました。
劉備達が抜け出したことを酒に酔って寝ていた孫権が知ったのはその日の夕方になってからでした。
孫権は大変怒り、すぐに追手をさしむけました。

追手の猛追に劉備達はすぐに追いつかれてしまいます。
しかも別方向からは周瑜の差し向けた軍までせまってくるではありませんか。
もう終わりだ・・・そう覚悟を決めた劉備達はふと孔明の三つ目の袋のことを思い出し、開けてみました。
それを読んだ劉備はすぐに孫夫人に実はこの結婚は孫権が妹を思ってのことでなく、荊州を手に入れるために企んだ美人計だったのだと打ち明けます。
それを知っていながらも命がけで呉にやってきて自分と結婚した劉備に夫人はますます愛を感じるのでした。
さて、孔明のこの策はどういう結果を生みだすのか。。。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

[ 2007/05/18 23:46 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(16)

三国志97 劉玄徳の結婚の巻 

呉国太が劉備を気に入り婚姻が決まったことを聞いた周瑜は、劉備をすぐに殺せるように彼の宿を兵で囲むよう指示します。
しかし劉備はすぐにそれに気付いて喬国老と呉国太に助けを求めると、彼らは結婚式まで呉国太の屋敷に住むことになりました。
それを聞いた周瑜はこの『美人計』が失敗したことを知るのでした

しばらくして劉備と孫権の妹の盛大な婚礼の儀が執り行われました。
その夜、劉備は花嫁の部屋へと導かれました。
しかし、そこには剣や槍をかまえた女性達が立ち並んでいたのです。
劉備が驚くと、孫権の妹は幼い頃から武術を嗜み今でも稽古をかかさないのでこのような趣向をこらしたというのです。
劉備がこれではちょっと落ち着かない・・・と苦笑いすると、花嫁は戦の中で半生を過ごした英雄が武器を怖がるとは・・・と笑って片付けさせるのでした。

周瑜は劉備と孫権の妹の結婚の儀が執り行われ、二人の仲が大変睦まじいということを聞くと、孫権のために別の計を考えました。
周瑜は劉備は貧しい家の出であるから富貴の楽しさを覚えさせれば堕落して、荊州に戻ることさえ忘れるだろうと考えたのです。
それを聞いた孫権は早速劉備のために立派な館を建て、毎日宴を開きました。
周瑜のこの策は見事にあたり、劉備は毎日酒を飲み妻との新婚生活を楽しみ、荊州に帰ることなど忘れたかのようになってしまったのです。
そんな劉備を見ていた趙雲は憂いを抱きました。
途方に暮れた彼はとうとう孔明にもらった二つめの袋を開けてみるのでした。
さて、二つ目の袋に書かれていた孔明の秘策とは・・・?

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

[ 2007/05/14 13:04 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(6)

1メートルの光 

これも前に一度見てあまりはまれなくてそのままにしていたドラマです。
日本でも活躍している何潤東(ピーター・ホー)主演とありましたが、名前は見たことあるもののよく知りませんでした。
ストーリーは愛人のために罪を犯してしまったエリート女性チュアンシア(孫儷 スン・リー)と彼女に恋してしまったバーテンダー、チェン・ウー(ピーター・ホー)のただの恋愛ドラマかと思いきや・・・7話で急展開・・・。
ここではまりましたねw
ネタバレですので見る予定のない方だけドラッグ↓(最近コレ流行ってて一度やってみたかった・・・。)
なんとヒロインのはずのチュアンシアがいきなりの自殺。
ストーリーは目の前で自殺したチュアンシアを思い続けるチェン・ウーとチュアンシアの消息を求める彼女そっくりの妹アイ・ユアンにうつっていく。


ここで見たことあるのはチュアンシアの不倫相手でニアングループの(副)総裁リアンシウ。
前にも書きましたが、『天国のウェディングドレス』でコスモ役でした。
お金持ちのおじさま役がピッタリですねw
そしてもう一人はあの『浪士燕青(エンチン)』のシーシー役の于娜(ユー・ナー)。
チェン・ウーの友達ミラの彼女フェイヤの役です。
エンチンの時の方がやっぱり天下一の遊女役ですから、美しさも迫力ありました。
こちらでもとりあえずその綺麗さに変わりはなく気の強そうな芯の通ってそうなイメージもそのままです。

主演のピーター・ホーは長身で顔もかわいいのですが、どうも私はこのチェン・ウーというバーテンダーの良さが理解できないままきています。
まぁ、カッコイイし優しいけどその魅力がいまいちわかりません。
そんな中とても気になるのがチュアンシアの部下で、チュアンシアの妹のアイユアンの婚約者のニアン・リルン役の印小天(イン・シャオティエン)です。
チュアンシアにつきまとったり、問題が起きると逃げ出してしまうアホなおぼっちゃん役ですが、彼がアイユアンを一生懸命口説いてるシーンには心打たれます。
遊び人の設定ですが、キスしていいかと聞いて相手が待ってるのに気付かずダメなのか??と怒らせてしまうあたり、どうしても遊び人には見えません。
以来、このドラマの中で女性にキスしていいか許可を求めるのはタブーになっているのが笑えます。
まぁ、確かにね聞かれても困るよね、フツウ。

このドラマは上海と麗江それにバンクーバーの三箇所が舞台になっており、特に麗江の美しさはドラマの見所の一つになっているようです。

[ 2007/04/04 02:02 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(6)

三国志96 甘露寺の対決の巻 

劉備を初めて見た孫権はその風格に並々ならぬものを感じました。
そして呉国太の顔にも笑顔が浮かんでいたのでした。
しかし部屋の周りにはたくさんの刺客が取り囲んでおり、孫権が杯を落とす合図をいまやおそしと待っていたのです。
そこへ趙雲が入ってきました。
長坂坡で阿斗を救い出した趙雲の武勇は呉国太も聞き知っており、趙雲に会えたことを大変喜び、彼に酒をすすめました。
しかし刺客が潜んでいることに気付いた趙雲から劉備がそれを聞くと、いきなり呉国太に向かって自分の命が欲しければここでとってくれるようにと言い出します。
呉国太は事の次第をすぐに悟り孫権を問い詰めますが、彼が知らぬふりでとぼけた為に怒って彼に杯を投げ付けます。
それを合図と勘違いした刺客達がすぐに乗り込んできました。
呉国太は大変怒り、その刺客を処分するように言います。
しかしここで処分者を出しては婚礼が血で穢れてしまうから許してくれるようにという劉備の頼みを受け入れ、呉国太は刺客達を許し、刺客も命を救ってくれた劉備に感謝するという孫権にとってはなんともふがいない結果となってしまったのでした。

宴が終わると劉備は甘露寺にあった大きな石を見つけると天に向かって、自分が無事荊州に戻って天下を取れるなら石が砕けこの地で命運尽きるなら剣が砕けよ、と祈り斬り込むと石が真っ二つに割れました。
それを見ていた孫権が、自分も曹操を破り荊州を取り戻せるれるならこの石割れよ、と願をかけ劉備の切れ目に垂直に斬り込むとこちらも石が割れたではありませんか。
二人はお互い見事な太刀筋だと褒めあい、それから一緒に馬乗りに出たのでした。
この岩は甘露寺の十字紋石と呼ばれ、実際にその時二人が斬った(とされている)石も残存しているのだとか・・・。
十字ではなく二つに割れてるらしいですけどw

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

[ 2007/03/16 14:16 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(7)

天国のウェディングドレス(天國的嫁衣) 

前回、恋愛物は見る気になれない!!とか書いておいてどっぷり恋愛物見始めてしまいました。
しかもこのブログは動画ブログか!?っていうくらいテーマ変わってきてしまっています。
三国志いつ終わるんでしょうか?
誰か教えてください。。。

中国ドラマを片っ端から見てもやっぱり登場人物が自分の好みでないとどうもはまれない・・・。
ましてやお国が違うから見慣れぬ顔ばかり。
そんな中で登場人物が美男美女だったのではまれましたw

陶艾青タオ・アイチン(王心凌シンディ・ワン)の家と農園が兄に勝手に売られてしまった。
買ったのは一流デザイナーで金持ちの息子の陸子皓ルー・ズハオ(立威廉レオン・ジェイ・ウイリアムズ)。
彼は艾青がフランスへ旅行した際に同じ芸術品を取り合った因縁(運命?)の相手であった。
悩む艾青を助けていくのは知り合ったばかりのレーサー、程海諾チェン・ハイヌオ(明道ミン・ダオ)。
それぞれの事情を抱えて三角・・・いや、陸子皓の恋人カトリーヌを交えて四角関係に発展していく・・・。

金持ちの男と庶民の女の子のドラマはなんか以前にも見たような気がする。
よくある設定のようですw
あれも台湾ドラマで英語交じりでしたが、今回もめっさ英語混じってます・・・。
なんで家族と話すのに中国語と英語混じってるの??
あちらの人ってみんな英語もできるんでしょうか?
最初は陸子皓ルー・ズハオ役の立威廉がイイと思ってたのだけど、最初のうちはこの人めっさヤな奴です。
時折見せる優しさに艾青アイチンは惹かれて行くんだろうけど、そばにいる程海諾チェン・ハイヌオの方がどう見てもいい。。。
この程海諾、最初はちょっと軽薄な感じもするけど艾青のために何かと世話を焼いてくれ、落ち込んだ時は慰めてくれ、かといって決してでしゃばらず、自分に不幸がおきても泣き言ひとつ言わずじっと耐え、艾青の幸せを願っている・・・チョーーー男らしいです♪
海諾役の明道さんはやはり胡兵系。
(-ω-;)ウーン あちらはこれ系の顔が多いのでしょうか。

艾青アイチン役の王心凌シンディ・ワンは中国(台湾?)のアイドルのようです。
最初は不自然な程の分厚い前髪がどうも垢抜けなかったけど、段々ナチュラリィになってきましたw
顔も見慣れてきてとてもかわいらしいです。
彼女ならこのおとぼけた役も許せそうな・・・気がするw
オープニング、エンディング共に彼女が歌ってて、字幕もついているせいかとてもイイですw

華流エンタメ情報発信局というところでこの立威廉と明道のインタビュー動画を見つけてしまいました。
でも見ない方がいいかもしれない・・・(といいつつリンク貼る)。
立威廉はドラマの中の冷たさの中の優しげな微笑はなく、明道にいたっては別人か!?というくらい太って顔の輪郭が全く違う・・・(TдT)
ちょっとイメージ壊れました・・・w
それに立威廉ってなんで漢字表記なのにレオン・ジェイ・ウイリアムズって英語名なの!?と思ってたらどうもあちこちの混血のようです。
八分の一は日本も混じってるのだとか・・・。

それから今まで見たことのある俳優さんも何人か出ていました。
陸子皓の会社で働いている男性社員に『ラブ・ディクショナリー』でアパンの彼氏役だった人。
それからカトリーヌの父親役に『1メートルの光』(記事かいてないけど)の主人公の不倫相手のオジサマ。

残念なことに『天国のウェディングドレス』は6話から11話まで見逃してしまいました。
でも普通に12話からまた見ても分かりましたw
5話の後は二週間で更新されているようです。
結局海諾を振って子皓と付き合うことになった艾青。
しかし彼と結ばれるにはまだまだ困難が待ち受けていそうな気配です。

[ 2007/03/02 12:09 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(4)
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。