FC2ブログ

三国志50 水魚の交わりの巻 

劉備が孔明を迎えてしばらくすると、孫権が荊州を攻めてきました。
荊州は今劉表が病に伏し、息子の劉キ・劉が跡継ぎ問題でもめており、頼りになるのは劉備くらいですが、その劉備さえ弱小軍団でありました。

これを絶好の機会と考えたのが曹操軍の片目の夏候惇です。
孫権が荊州を攻めている今、北から曹操軍が攻めれば劉備を簡単に破ることができると考えたのです。
しかし、荀がこれに対して、劉備は油断のならぬ相手の上、最近は天下の大賢人という諸葛孔明を迎えたというから少し注意が必要だといいます。
それを聞いていた曹操は孔明を知っている徐庶に孔明とはどんな人物かと問います。
すると徐庶は自分が蛍の光だとしたら孔明は夜空に輝く月の光、鬼神も恐れる変幻自在の奇略計略を行う奇才であると褒め称えます。
曹操は考えましたが、結局夏候惇に10万の兵を与えて劉備を攻めさせるのです。

その頃劉備は孫権が攻めてきたというので不安になっていました。
ところが迎えたばかりの孔明は孫権のことは心配ないと言います。
孫権は聡明な男だから奥深くまでは攻めてはこない、それより心配なのは曹操だが、もし曹操が攻めてきたところでそれに備えて今訓練をしてあるから心配ない・・・と言って劉備を安心させるのでした。

孔明を迎えたことで劉備軍では不満が上がっていました。
その筆頭がなんといっても関羽・張飛です。
孔明を迎えてからというものの、劉備は孔明と寝食を共にし、いつもべったり。
桃園の誓い以来、苦楽を共にしてきたのは自分達なのに、昨日今日来たばかりの若造をかわいがってばかりいる・・・と嫉妬していたのですね。
すると劉備は関羽と張飛に、自分が孔明を得たのは魚が水を得たようなものなのだと言って二人に説明するのでした。
これを『水魚の交わり』といい、大変親密な(君臣)関係のことをいいます。

するとそこへ曹操軍10万が攻めてきたという知らせが入ります。
しかし孔明を気に入らない関羽・張飛は、兄者(劉備)の好きな水に追い払ってもらえ・・・などと言う始末。
大軍を前にして乱れるチームワーク。
さて、孔明の初陣はどうなるのでしょうか・・・?

男が男を相手に嫉妬ってするするものなのでしょうか?
しかも関羽・張飛のような武人が・・・。
いくら親密だからって昨日今日会ったばかりの男同士で好んで一緒に寝るものなのでしょうか?
道理で三国志ホモ話が多いはずです。
でもそれだけ劉備のことが好きなんでしょうね、みんな。
何故そこまで好かれるのか・・・。

一緒に寝たくないのは?
■隣に寝たら髭がからまりそうな関羽
■一緒に寝たら酒臭くていびきがうるさそうな張飛

第51話へ飛ぶ
51~55に飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/12/15 23:35 ] 三国志41~50 | TB(0) | CM(4)
ホモなんじゃなくて、フィクションでのホモを扱った本が多いということです。
実際はホモでなかった・・・と思います・・・多分・・・おそらく・・・(;´Д`A ```

関羽も嫉妬するほど劉備を好き・・・だったのでしょうね・・・。
確かにプライドも高そうです。
[ 2005/12/17 00:16 ] [ 編集 ]
三国志ってホモが多いのですか!?知らなかった!
いったい誰がホモなのでしょう?

嫉妬はいつの世にもつきものでしょうね。男にも女にも。
しかしあの関羽もやはり人の子なんですね。
この手の嫉妬はプライドが高いほど強いのかな。

孔明の初陣には期待したいのですが
関羽・張飛がヘソを曲げては辛いですね。
まさかの初戦敗退?
[ 2005/12/16 23:21 ] [ 編集 ]
コンニチハ、秀吉さん♪
確かに日本の歴史の中で大名と家臣が一緒に寝たなんていう話は聞いたことがありませんね。。。
よっぽど好き(変な意味でなくても)だったんでしょうねぇ・・・。

新参者に嫉妬する古株・・・。
しかもその新入社員が期待のエースだったら・・・。
気持ちも分かりますね。
[ 2005/12/16 23:11 ] [ 編集 ]
ホモ的な感じもありますが、寝食をともにするのは、よほどの信頼関係なのでしょう。
例えば、下克上が主流の戦国時代にあっては、大名と家臣が寝食をともにした話しなど皆無であります。

新参者に嫉妬するのは、現代の日本での会社でもありますよね??あれと同じようなものでしょう。。。

昨日今日きた奴が、社長に目をかけられる。すると面白くないのが、今まで目をかけられていた古参の社員。。。

こういう風に解釈してみると、人間って今も昔も大して変わってないなってのが、よくわかりますよ。
[ 2005/12/16 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム