FC2ブログ

三国志45 単福の正体の巻 

曹操の元に戻った曹仁と副将の李典は劉備に負けただけではなく樊城を奪われたことを曹操に侘びます。
てっきり打ち首を覚悟していた二人でしたが、曹操は「勝敗は世の常だ」と言ってあっさり許すのでした。
曹操は部下が戦に負けることには比較的寛大であったといいます。

しかし曹操は自軍2万5千が劉備軍たった二千に負けたことが腑に落ちません。
単福という軍師を迎えたという話も聞きましたが、そんな名前も聞いたことがありません。
すると程が単福とはきっと徐庶(字は元直)のことであろうといいます。
徐庶は若い頃に人を殺してしまったことがあり、それで偽名を名乗っているのでした。
しかも彼の才能は程によればその何倍以上もあるというのです。

曹操はそのような才能のある人物が劉備の元にいると、この後にも影響してくると考えました。
すると程が徐庶の年老いた母親が曹操の領土内におり、彼は大変な親孝行らしいから母親を許都に連れてきて呼び寄せさせれば徐庶もきっとやってくるだろうと言います。
曹操は早速徐庶の母親を許都に連れてくるように命じます。

曹操が徐庶の母親に才に長けた徐庶を軍師として招きたいのがだ一筆息子に書いてくれないかと頼むと、彼女は息子が劉備に召抱えられて誇りに思っているのにあなたのような逆賊の暗君に仕えろなどとは口が裂けても言わない・・・と断固拒否します。
曹操は逆賊と言われたことにひどく怒りますが、ここで年老いた老母を殺したとあっては世間体が悪く、ひとまず彼の母親を屋敷に住まわせることにするのです。

それからというもの、程は毎日ように徐庶の母親に贈り物をしました。
それに感謝した母親は程に礼状をしたたためました。
しかし、それは程が仕掛けた罠でした。
徐庶の母親の筆跡を手に入れた程はそれを真似して徐庶に当てて手紙を送ったのです。

さて、次回その手紙を受け取った徐庶・劉備は・・・?

自分だったらどうしますか?
■母親の手紙などシカトしてそのまま劉備のところにいる。
■母の為に不本意ながらも曹操のところへいく。

親孝行してください・・・と言いたいところですが、親孝行なはずの徐庶は最悪の結果を迎えてしまうのでした。

第46話へ飛ぶ
46~50へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/12/10 00:23 ] 三国志41~50 | TB(0) | CM(3)
>あなろぐさん
程も最初敵だったんですかー?
じゃあ、曹操得意の引き抜き?w
何が天下人かって難しいけど・・・案外『治世の能臣』だからいい官僚になってたりして・・・。

>いたおさん
人殺しといっても友人に協力して敵討ちに加わったとか・・・。
多分イイ人だと思います。
今回のいたおさんの予想は全て鋭いです・・・(;´▽`A``
[ 2005/12/10 15:02 ] [ 編集 ]
知ってますよ。たしか知力は90クラス。
若い頃に人を殺して偽名を名乗っていたとは。
人殺しってことは悪党?
でも親孝行だし良い人?
話が進めばわかるかな。

劉備が手紙のことを知れば徐庶を
行かせるかも知れませんね。

しかし最悪の結果とは!?
母親が危ない・・・?
[ 2005/12/10 10:14 ] [ 編集 ]
程も元々敵ではありませんでしたか?
でも曹操は今ならとても天下人には
なれないでしょうね?
まぁ何が天下人か分かりませんけど....
[ 2005/12/10 10:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム