FC2ブログ

三国志35 関雲長の出立の巻 

いつ行っても会ってもらえない関羽はとうとう諦めます。
曹操の屋敷の門の前で挨拶をし、立ち去る決意をします。

関羽は曹操にもらった数々の財宝を一つ一つ封じて倉庫におさめ、曹操宛の手紙を置くと夫人達を車に乗せて屋敷を出ました。
そして劉備の元へ向かったのです。

曹操は関羽が贈り物を全て残し、手紙を置いて出て行ったと報告を受けます。
曹操の部下達からは関羽を追って討ち取るべきだと意見が出ます。
しかし曹操は関羽の義理堅さにますます惚れ、回避牌をかけるという自分の行いを恥じ、せめてきちんと別れを告げたいと後を追うのです。

曹操が追いかけてきたことを知った関羽は警戒して、夫人の車を先に行かせ、自分は曹操の前に立ちはだかります。
曹操はせめて餞別を受け取って欲しいと高価な着物を贈ろうとします。
関羽はそれを見て、少し考えた後、馬に乗ったまま堰月刀でひっかけて着物を受け取りその場を去るのです。

これを見た曹操の部下達は騒ぎ出します。
曹操からの贈り物を馬から降りもせず、刀でひっかけたのですから、無礼だというほかありません。
しかし曹操は、関羽は一人、曹操側は十数人、関羽が警戒するのも当然だといって部下達をいさめます。
そして関羽のような素晴らしい部下を持った劉備を心からうらやむのでした。

関羽はこうして許都を出ます。
そして袁州の領地にいる劉備の元まで向かうわけですが、これが長くて苦しい旅の始まりとなるのでした・・・。

こんなに想っているのに報われない・・・そんな曹操の切ない気持ちが伝わってきます。
しかし、こんなことは現代生活でもよくことあるでしょう。
そんな時あなただったらどうしますか?

■なんとしても自分の方を向かす。(しつこく追いかける。)
■さっさと諦める。(諦められるものなら)
■ひたすらただ想い続ける。(いつか自然に忘れるのを待つ。)

どれが正解なんでしょうね。
アタシには分かりません。

第36話へ飛ぶ
36~40へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/24 13:58 ] 三国志31~40 | TB(1) | CM(3)
あなろぐさん
劉備は楽そうですねー。
何かやらかしても関・張がなんとかしてくれそうです。
この先さらに人も増えますし・・・。

いたおさん
三人がかりは分かりました?
6話ですょー。
しかし、関羽よりわずかに張飛が強いんですか・・・。
確かに張飛にはこのだいぶ後に戦わずにして敵を追い払うシーンがあったような気がします。
[ 2005/11/25 00:21 ] [ 編集 ]
最近曹操の好感度が上がるシーンが続きますね。
人情があるじゃないですか。
これは並の武将なら落ちてるな。
まあ並なら曹操がここまではしないかも知れませんが。

関羽の長くて苦しい旅とは?
邪魔が入りそうなその他の勢力…孫策とみた!
[ 2005/11/24 23:42 ] [ 編集 ]
劉備はなぜそこまで優秀な人材に惚れられるのでしょうね?人情とか、人徳とかを超えた何かがありますよね?
わたくしは、劉備、関羽、曹操の中では、曹操が好きですが
この三人の中で誰に生まれ変われたいと問われれば、
劉備がいいですね、楽そうで 笑
[ 2005/11/24 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://acha22211.blog32.fc2.com/tb.php/61-8d1d8d35

アナタにとって今日がいい日でありますように。
[2005/11/24 13:59] 明日天気になぁれ
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム