FC2ブログ

三国志30 孤立した劉玄徳の巻 

曹操が大軍で攻めてきたという報告を聞いて、劉備は袁紹に援軍を求めます。
袁紹の部下の田豊(でんぽう)も曹操が劉備討伐のために許都を空にしている今が曹操を倒す絶好の機会だと説きます。
しかし、袁紹は子どもが病気なのが心配で軍を出せないと言うのです

さて、困ったのは劉備です。
袁紹の援軍は期待できなくなりました。
単独で曹操の大軍に立ち向かわなくてはいけません。
そこで張飛が曹操軍が遠征してきて疲れて休んでいる夜を狙おうと夜討ちを思いつき、劉備もそれに賛成します。

その頃曹操軍は小沛の近くまで進軍してきていました。
その時、突風がふいて曹操の『曹』の字のついた大将旗が折れてしまうのです。
曹操は嫌な予感がし、荀に吉凶を占わせました。
すると荀はこれを夜討ちの兆しであると読むのです。

そして夜・・・何も知らない劉備軍が夜討ちを仕掛けます。
ところが曹操軍の陣はもぬけの殻です。
劉備が不安にとりつかれたその瞬間、東から張遼、西から許チョ、南から干禁、北から李典、東南からは徐晃、西南から楽進、東北から夏侯惇、西北からは夏候淵・・・ものの見事に八方から挟み撃ちにあったのです。
劉備は張飛ともはぐれ、逃走。
こうして曹操は勢いにのり、小沛だけでなく一気に徐州城までも手に入れたのでした。

ところがあと一つ、下ヒ城にはまだ関羽が立て籠もっていました。
あの関羽が相手ですから、そう簡単に城が落とせるとは思えません。
しかしあまり長い間許都を留守にしていると今度は袁紹が後ろから攻めてくるかもしれません。
曹操は関羽を投降させることを考えます。
彼は以前から関羽の武術の腕と義に厚い人柄に惚れ、自分の部下にしたいと考えていたのです。
しかし、関羽が簡単に投降するとも思えません。
さて、曹操はどうするのでしょう・・・?
それはまた次回・・・。

やっぱり劉備は簡単に負けてしまいました。
困ったのは劉備の家族を任されて、下ヒ城に立て籠もっている関羽です。
劉備の夫人達がいるので、そう簡単に逃げるわけにもいきません。
まぁ、義に厚い関羽のことですから、逃げるくらいなら城と共に死ぬくらいの気持ちでしょう。
でも自分だったらどうする?
■死を決して最後まで曹操と戦う。
■どうせ勝ち目はないからさっさと曹操に投降する。
■いちかばちか、劉備の夫人達を連れて逃げる。
■夫人達を連れていては足手まといになるから自分だけ逃げる。

第31話へ飛ぶ
31~35へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/19 13:17 ] 三国志21~30 | TB(0) | CM(3)
喜び伝わってきますよねー^^
なんだか影響されてアタシも熱くなって語ってしまいました。

曹操も悪運が強いですが、劉備も相当ですよね。
負けてばっかりなのに毎回生き残ってるんですから・・・。

関羽は・・・義に厚い・・・厚すぎるっ!!

[ 2005/11/20 00:34 ] [ 編集 ]
曹操暗殺の露見といい、
旗が折れたから占うと夜討ちの兆しだったといい
しかし曹操は悪運が強いですね。天は曹操を選んだのか?

そして私でも知ってる武力90クラスの猛者どもに囲まれて
死にも捕まりもしなかった劉備も悪運が強い。

これが主人公クラスの悪運の強さなのか?

以前に呂布に攻められたときに、張飛は劉備の家族を
放って逃げちゃったってことありましたよね。
さあ、関羽はどうなんだ・・・2度あることは3度ある?

あなろぐ職人さんの喜びがビシビシ伝わってきますね。
おめでとうございます!あなろぐ職人さん。私も嬉しい!
[ 2005/11/19 22:00 ] [ 編集 ]
一日に何通コメント入れるねん!と怒らないで下さいね!
あのね、あのね、いたおさんに教えて貰ってAll Aboutに申請したら、掲載されました!
嬉しいス!
[ 2005/11/19 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム