FC2ブログ

三国志22 陳親子の策略の巻 

今回は私の文章力ではちょっと説明しにくい場面です。
わかりにくいところもあるかと思いますが、なんとか想像しながら読んでください。

呂布の部下に陳珪と陳登という親子がいました。
しかし、この二人は曹操に通じていたのです。

陳登は呂布に、曹操に攻め込まれて蕭関を守っている陳宮が城を明け渡しそうだと報告し、早く応援にいくようにと提案します。
そして自分は先に蕭関に戻って戦の準備をしておく、戦いが始まったら狼煙で合図をすると告げます。

そして呂布に先立って蕭関へ行き、陳宮に曹操が徐州城を攻めているからこちらから出て挟み撃ちにするようにと告げます。
陳宮が軍を率いて出て行ったところで、狼煙をあげます。
それを見た呂布軍、戦闘開始の合図だと思い、向こうからやってくる軍を曹操軍だと思い戦い始めるのです。
陳宮も同じでした。
向こうから攻めてくる軍が曹操が寄こした軍だと思い反撃し始めるのです。
それが夜だったものですから味方なのに味方だと気付かないのです。
そしてさんざん戦った後で同士討ちをしてしまったことに気付くのです。

同士討ちをしてしまった呂布が徐州城へ戻るとそこには陳珪が城門を閉ざしており、この城は劉備のもので呂布のものではない、と呂布を締め出します。
しょうがないので呂布が小沛に戻ろうとすると小沛を守っていたはずの部下が戻ってきており、陳登が呂布将軍が危ないので応援に行けというのでやってきたというではありませんか。

案の城小沛は陳登が占領していました。
その上そこに陳登の連絡を受けて曹操が劉備と大軍を率いてやってきます。
さらに行方不明になっていた関羽と張飛まで軍をひいて応援に駆けつけるではありませんか。
呂布は陳宮ら、わずかに残った部下たちと下ヒ(かひ)目指して逃げていきました。

こうして劉備は陳親子のおかげでほとんど戦わずして徐州を奪還し、家族と再会しました。
曹操は陳珪と陳登に勲功を与えました。

次回は曹操の下ヒ攻略戦です。
三国志一最強と思われる呂布ですが、さらに苦難が待ち受けます。

なんとか理解していただけたでしょうか?
文章にするのが難しいシーンでした(;´Д`A ```
■なんとなく分かった。
■わっかんねーょ!
ごめんなさーいε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘逃走っ!

第23話へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/12 12:27 ] 三国志21~30 | TB(0) | CM(3)
HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
[ 2006/02/14 12:00 ] [ 編集 ]
確かに陳だらけですね・・・。

呂布裏切られること、多いですねー・・・。
私も呂布が裏切るってイメージを持ってたけど、そう言われてみると結構裏切られてますね。
まるでアニメのルパン並み?(不二子に裏切られてる・・・。)
[ 2005/11/12 21:09 ] [ 編集 ]
陳さんが登場しまくるので混乱しそうですが
なんとなく分りました。

「呂布はよく裏切る」という印象を持っていましたが
それ以上に「裏切られる」ことが多くないですか?

他人に対しての行いは巡り巡って自分に
返ってくるものなのかな?
[ 2005/11/12 12:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム