FC2ブログ

三国志19 袁公路 帝位簒奪の巻 

ある日突然、劉備が住む小沛にいきなり呂布が攻めてきました。
劉備が不思議に思っていると、張飛が呂布の元から大量の馬を盗んできたのだと白状するではありませんか・・・。
劉備が馬を集めていたので、協力しようと思ったようなのですが・・・。
劉備は慌てて呂布に馬を返すから兵をひいてくれるように頼みますが、呂布はとりあわず、結局戦いになってしまいます。
小さな小沛では呂布軍を防ぐことができず、劉備たちは小沛を捨てて、逃亡します。

劉備が頼ったのはあの曹操の元でした。
曹操軍では劉備の処遇についていろいろな意見がでますが、曹操は帝に上奏して、劉備をヨ州の太守に推挙し、兵と兵糧を与え、任地に向かわせたのでした。

その頃・・・袁術は伝国の玉璽を手にしていることを理由に自ら皇帝を名乗り、年号を定めて朝廷の諸官を設けていました。
つまり、献帝を退け、帝位を簒奪したことになります。
そして袁術は呂布が縁談の返事をよこさないのを理由に先々で略奪を繰り返しながら破竹の勢いで徐州へ攻めてきます。
しかし、呂布は袁術軍の将軍を味方に引き入れ、袁術軍の内部から撹乱させたのです。
袁術軍は総崩れ、しかも呂布が劉備に援軍を頼んでおいたおかげで(なんで劉備がここで呂布に協力したのか謎だ・・・。人が良すぎる。)関羽が軍を率いて駆けつけてきたのです。
当然呂布軍の圧勝に終わりました。
負けた袁術は孫策に軍勢の協力を申し出ますが、断られます。
それを聞いた曹操は今が袁術討伐の絶好の好機であると考えるのでした。

次回は袁術討伐連合軍ができあがります。

何故劉備は自分を小沛から追い出した呂布に援軍を送ったのでしょうか?
■そんな小さなことよりも袁術を討つことの方が重要だから。
■頼まれると断れないただのお人良し。

どっちも合ってる気もする・・・(-_-;)

第20話へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/10 21:42 ] 三国志11~20 | TB(0) | CM(2)
(-ω-;)ウーン
イメージ的にも似てるような・・・・
少し太そうなところが・・・w

劉備、わからなすぎるよね??
そんな劉備に何故みんながついていくのかも・・・。
一言で言えばそれが彼の『徳』ってことなんでしょうけど・・・。
[ 2005/11/10 23:14 ] [ 編集 ]
張飛はどうしようもなくコマッタチャンですね。
欲しいから盗む。ジャイアンですか張飛は。

張飛の知力がいくつだったか…うーん、思い出せないが
低かったことだけは憶えています。関羽よりは遥かに。

劉備は器がデカイとはじめは思っていましたが
ここまでくると謎ですね。逆に何を考えているのか解からない。

袁術はこの後何をするのか知りませんが、絵に描いたような
ヤラレキャラっぽい匂いがプンプンしてきました。
[ 2005/11/10 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム