FC2ブログ

三国志18 呂奉先の采配の巻 

今回からまた劉備の話に戻ります。

劉備が小沛に住むようになり、平和な日々もつかの間でした。
袁術が攻めてきたのです。
軍も兵糧も少ない劉備は徐州の呂布に援軍を頼みました。
しかし呂布の元には袁術から金銀兵糧が送られてきていたのです。

さて、ここで呂布はどういう行動をとるでしょう?
1.劉備に味方する。
2.袁術に味方する。
3.戦わない。

それでは続きをどうぞ。

呂布は国境で陣を張る袁術軍大将の紀霊と劉備の双方に自分の陣に来てくれるように伝書を送りました。
呂布の陣で出会った二人はお互い敵だと分かるとすぐさま剣を抜き、その場は一瞬にして緊張感に包まれました。
しかし、呂布が二人をここに呼んだのは二人の仲を取り持つためだと言い出すではありませんか。
ですが、紀霊も袁術の命を受け十万の兵を率いて来ている身、そう簡単に兵などひけません。
すると呂布があの的を一矢で射当てたらお互い天の声だと思って兵をひけといいます。
その的があまりにも遠かったので誰もが無理だと思いました。
しかし、呂布は見事に一発でこれを当てたのです。
双方恨みのない呂布の見事な采配でした。

しかし、そんなことで安々と引き下がる袁術ではありません。
今度は呂布の娘に(あれだけ貂蝉に惚れていても別に奥さんがいたのですねー。男ってそんなもの?)縁組の申し込みをしてきました。
しかし呂布はこれを警戒してあれこれ理由をつけては縁組を引き伸ばすのでした。

次回はまたまた張飛が問題を起こします。

↓あなたなら?

■妻・夫・恋人などの決まった相手がいても別の人を好きになることもある・・・かもしれない。
■一人好きな人がいたら他の人なんて絶対考えられない!

第19話へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/10 10:49 ] 三国志11~20 | TB(0) | CM(2)
呂布のイイ感じのシーンですよね。
仲直りさせようっという気持ちがほほえましいです。

張飛・・・(-_-;)
張飛の大活躍のシーンもあることはあるんですょー。
まだまだ先ですけど・・・。
[ 2005/11/10 21:36 ] [ 編集 ]
これはちょっと呂布イイんじゃないですか?

そもそも袁術と劉備だって戦う必要なかったんですよね?
曹操の計略で渋々戦うことになっただけで。

見事一発で的を射抜くなんて凄いじゃないですか。
ただ力が強いってわけではなかったんですね。
ちょっと呂布の好感度アップです。

張飛…蜀のトラブルメーカー?
[ 2005/11/10 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム