FC2ブログ

三国志10 徐州の危機の巻 

曹嵩死す、の知らせを聞いた曹操は烈火のごとく怒ります。
そしてその怒りを徐州へ向けてしまうのです。
曹操は大軍を率いて徐州へ殺到し、領民を皆殺しにしてしまったのです。

それを聞いた太守の陶謙は慌て、援軍を求めるために各地へ使者を送りました。
しかし、曹操の軍勢を恐れ、援軍はなかなか来ませんでした。
そうこうしているうちに曹操は百万の大軍を率いて徐州の城を包囲してしまったのです。
陶謙は落城寸前の城に立て籠るしかありませんでした。

そんな時に援軍に現れたのがあの劉備一行でした。
その数およそ五千。
関羽も張飛も今回ばかりは劉備を止めます。
しかし劉備は曹操に殺された数十万の領民の死体の山を黙って見ていることはできませんでした。
結局張飛が一千の兵を引き連れ先陣を切り、曹操軍の陣を無理やり突破。
劉備軍は徐州城の城門になだれこみました。
劉備軍五千が援軍に来たとはいえ、曹操軍は百万、まさに焼け石に水です。
すると陶謙と合流した劉備は曹操に和議を申し込みました。

父親を殺され怒り狂っている曹操が和議などに承諾すると思いますか?
それでなくても曹操軍は大軍で徐州陥落は目前です。
ここで城を落とせば徐州も曹操のものになるのです。
当然、曹操は和議の申し込みの文書を読むとすぐ破り捨て、使者を斬って徐州城へ総攻撃をするように命じます。
劉備・陶謙軍絶対絶命大ピンチ!・・・かと思いきや、結局曹操は和睦せざるをえない状況に陥ることになるのです。

それはまた次回・・・。
それにしても劉備軍はたったの五千かょと思った方は人気blogランキングへ

第11話へ飛ぶ
11~15へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/11/02 22:50 ] 三国志1~10 | TB(0) | CM(4)
リンクありがとうございますー、NIJOさん。

確かに日本だったら大軍ですよね・・・。
そう考えると本当に土地の広さも人の数も規模がちがうんでしょうねぇ・・・。
[ 2005/11/03 17:21 ] [ 編集 ]
どうもー。リンク貼らせてもらいました。
ちょくちょく寄らせていただきますね☆

三国志読んでると、「たった五千~?」とか「自殺行為だろ」とか思いますけど、
これ、日本の戦だったらけっこうな大軍ですよね。
大陸はやっぱりスケールが違いますわ。
[ 2005/11/03 17:10 ] [ 編集 ]
毎回ながらいたおさんの反応嬉しすぎっw

私が見てた三国志のドラマでは劉備は泣き虫で、なんかあるとすぐ泣いてはやれ民の為とか、義の為といって関羽や張飛を始めとする周りの人間を振り回していくのに、何故かみんな劉備を慕っているんです。
それも徳というものなんでしょうか・・・?
しかし、関羽・張飛じゃなかったらやられてるな……(-。-) ボソッ
[ 2005/11/03 16:32 ] [ 編集 ]
面白すぎる!三国志!

父親殺されて怒るのはわかるけど
領民皆殺しはないでしょう。曹操イカン!

劉備エライ。けど無茶?
張飛カッコイイ。強い!

和睦せざるをえない状況・・・気になります。
[ 2005/11/03 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム