スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『風林火山第31回 裏切りの城』から苦肉の計 

毎週目が離せない風林火山ですが、この度あるお方に惚れてしまいました・・・。(マタ?)

かつての領地奪還を目前にした真田幸隆(佐々木蔵之介)。
山本勘助(内野聖陽)が戒めたのにもかかわらず、自分の郷を取り戻すことがずっと悲願だった彼は心が逸る。
そこへ自分の家臣の中に敵方、村上義清(永島敏行)の間者がいることを知らされる。
そしてそのすぐ後に間者とされる家臣を責め立てるシーン。
鞭で打ち蹴りを入れ、その家臣の弟に、間者と決めつけた兄を斬らせようとするその姿は怒りのあまり冷静さを失ったとしか見えない。
弟はあまりの仕打ちに敵方村上のところに駆け込む。
牢に入れられスパイの疑いをかけられた兄を取り戻すために兵を貸してほしいと・・・。
しかしここで平蔵(佐藤隆太)の真田は謀の多い男だ・・・の一言で私も気づきました。
今までの真田幸隆という男は家臣の信頼厚く困難にも決して負けない立派な武将だった。
そんな彼が領地奪還という欲に目がくらんで大事を目前としたこの時期に家臣の信頼を失うようなこんな浅はかなことをするか?と。。。
案の定、本当の間者が出てきて村上にこの話に偽りはないとご丁寧に証言までしてくれます。
これってもしかして三国志に出てきた苦肉の計??
そして村上はまんまと罠にはまり、兵を出す。
村上軍を待ち伏せしていた真田幸隆の冷静な『放て。』の一言にしびれました・・・。
彼のそのセリフがもう一度見たくって再放送まで見ちゃいましたw
でもよくよく見てると苦肉の計を持ち出したのは真田幸隆ではないんだけどね、、、
しかし、真田役の佐々木蔵之介サン、ステキでした♪

とまぁ、本筋の武田晴信(信玄)と上杉謙信はあまり出てこないシーンでしたが、最近このドラマに出ているとある俳優さんが私と同じ年だと知ってショックを受けています。
なんなんでしょ、この貫禄の違いは!
隣に並んだら親子に見えるに違いありません(ムリ)。
次回は長尾景虎(上杉謙信)を探る為に越後に潜入した勘助が、正体を半ば見破られ人質となるなんて益々見逃せません。
来週・・・っていうかもう明日!是非是非見なくては!
しかし残念ながら明日は帰省で何時に着くかわからないのでこれは録画予約していくしかありません><
それでは皆様お盆明けまで御機嫌よう♪
スポンサーサイト

[ 2007/08/11 15:14 ] 歴史系テレビ・本 | TB(1) | CM(12)
お元気ですか~?
風林火山も後残すところ僅かとなってきました~!
三国志の続きもまってま~す!
[ 2007/11/11 17:41 ] [ 編集 ]
ちょっと覗いてみましたf^_^; 下のコメントですが、太平記は読み終えて最近神話の本を読んだところです…また来ます!(^o^)/
[ 2007/10/14 22:27 ] [ 編集 ]
・・・なんとなく暇で@@
更新m-d-?
コメってみたかっただけです@@>
[ 2007/10/05 12:07 ] [ 編集 ]
Gacktの謙信も違和感なく見ていますw これから年末に向けていよいよ佳境ですね!…僕はと言えば最近太平記を読んでます(≧Д≦)ゞ
[ 2007/10/02 19:42 ] [ 編集 ]
風林火山もいよいよ佳境ですね~。
今日から川中島だし~!!
ガクト景虎さんが白馬にまたがったシーンが予告で流れていましたが、あんなに乗馬が上手だったとは~。
甲冑姿もなかなかさまになってました!

亜茶さんも三国志同様日本の戦国時代へと段々吸い込まれていっているようですね~。もうすっかりお仲間ですね~(^^b
[ 2007/09/30 02:39 ] [ 編集 ]
転職して心機一転頑張ってます!やっぱり会社は大企業・世の中カネ・男は顔?なのだなぁ…などとミもフタもない事を考えてます(´A`)
[ 2007/09/17 21:16 ] [ 編集 ]
>結城さん
真田一族は謀がお好きでしたか・・・w
その手の話はなんだかワクワクしてしまいますね。
緒形さんは昨日も出てましたね。
すっかり上杉の下で定着。。。
すでに息もピッタリな印象を受けました。
リンク、ありがとうございます。
早速貼っておきます。

>ゆーくんまままさん
相変わらず毎週真剣になって見ています。
先週の小山田家の難は・・・ちょっと切ないものが・・・。
あぁ、ゆーくんまままさんのところへ行って記事を読みにいかなくては。
風林火山熱いですよね。
正直こんなにはまるとは思いませんでした;;

>いっしーさん
「勇午」ですか、今度本屋さんへ行ったらチェックしてみます。
といっても漫画ってたくさんあって、なかなか目当ての漫画が見つからないのが常なのですが・・・><
でもどんな逆境にも屈しないヒトって私の理想の域ですw

面接を受けられてたようですが、新しい職場が決まったのですね??
お邪魔しにいきますw

>あなろぐさん
どうしましたかー、いきなり。。。
入院なんてよっぽどですね。
あなろぐさんのところへお邪魔したら詳しくわかるのでしょうか。。
[ 2007/09/17 14:04 ] [ 編集 ]
…また来ます!私事ですが転職しました(≧Д≦)ゞいま忠誠度が低めです(笑)
[ 2007/09/16 22:00 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
実は腰痛が悪化して入院しています。
また退院したらよろしくおねがいいたします。
[ 2007/08/23 23:03 ] [ 編集 ]
苦肉の計…気付かなかったですorz 亜茶さんが惚れた~という話と絡めて、「勇午」という漫画を連想してしまいました。美形の交渉人が国家レベルのトラブルを交渉していく話ですが、以前こんな趣向がありました。毎シリーズ彼は外国の武装勢力に拉致されるのですが、自白させる為に拷問にかけられるんですね。砂漠に放置されたり塩漬けにされたりと散々ですが、それでも敵に屈しない強い精神力を持ってて、死ぬ直前で敵のボスが認めて拷問を止める…

本屋で見かけたら立ち読みしてみるといいかも知れません。面白くてカッコいいですよ(^o^)/
[ 2007/08/12 20:47 ] [ 編集 ]
私も昨晩「裏切りの城」の感想UPしましたので、お時間あればまたご覧ください。(少々ネタバレもありますが・・)
私はこの後、武田が「砥石崩れ」と呼ばれる大敗北を喫することになるのは、真田の調略に頼りすぎた晴信の慢心と、小山田有信のまずい攻め、そして村上義清の勇気ある行動であると思っています。真田の調略は、彼が武田家臣団にあってはまだ外様であることも優位に働いていたでしょうね。ただし信玄への忠節は並びなきものでしたが・・とにかく熱い。風林火山です。
[ 2007/08/12 16:17 ] [ 編集 ]
いやぁ、同じ考えを持って見ていた人が他にもいて良かったです。僕も同じく苦肉計だと見抜いておりました。
ああいう謀略は真田のお家芸的な所がありますから。幸隆のの三男、昌幸は徳川を2度撃退してますからね。流石は真田です。
上杉に関しては緒形拳さんが出てるだけで最高です。Mr.大河の異名を持つあの人は、どんな役でも素晴らしく見えてしまいます。明日はその彼が出ますね。

新ブログ、URLに載せておきました。
[ 2007/08/11 22:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://acha22211.blog32.fc2.com/tb.php/227-11b208a6

風林火山ですが、武田の信濃攻略は順調のようです。小笠原・村上二大勢力の弱い方から崩して行くのですが、小笠原長時の逃げるシーンは使い回しのような気もします。今川義元の正室が亡くなった為、武田から新しい人質を出す必要もあります。(風林火山、第31話・裏切りの
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。