スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1メートルの光 

これも前に一度見てあまりはまれなくてそのままにしていたドラマです。
日本でも活躍している何潤東(ピーター・ホー)主演とありましたが、名前は見たことあるもののよく知りませんでした。
ストーリーは愛人のために罪を犯してしまったエリート女性チュアンシア(孫儷 スン・リー)と彼女に恋してしまったバーテンダー、チェン・ウー(ピーター・ホー)のただの恋愛ドラマかと思いきや・・・7話で急展開・・・。
ここではまりましたねw
ネタバレですので見る予定のない方だけドラッグ↓(最近コレ流行ってて一度やってみたかった・・・。)
なんとヒロインのはずのチュアンシアがいきなりの自殺。
ストーリーは目の前で自殺したチュアンシアを思い続けるチェン・ウーとチュアンシアの消息を求める彼女そっくりの妹アイ・ユアンにうつっていく。


ここで見たことあるのはチュアンシアの不倫相手でニアングループの(副)総裁リアンシウ。
前にも書きましたが、『天国のウェディングドレス』でコスモ役でした。
お金持ちのおじさま役がピッタリですねw
そしてもう一人はあの『浪士燕青(エンチン)』のシーシー役の于娜(ユー・ナー)。
チェン・ウーの友達ミラの彼女フェイヤの役です。
エンチンの時の方がやっぱり天下一の遊女役ですから、美しさも迫力ありました。
こちらでもとりあえずその綺麗さに変わりはなく気の強そうな芯の通ってそうなイメージもそのままです。

主演のピーター・ホーは長身で顔もかわいいのですが、どうも私はこのチェン・ウーというバーテンダーの良さが理解できないままきています。
まぁ、カッコイイし優しいけどその魅力がいまいちわかりません。
そんな中とても気になるのがチュアンシアの部下で、チュアンシアの妹のアイユアンの婚約者のニアン・リルン役の印小天(イン・シャオティエン)です。
チュアンシアにつきまとったり、問題が起きると逃げ出してしまうアホなおぼっちゃん役ですが、彼がアイユアンを一生懸命口説いてるシーンには心打たれます。
遊び人の設定ですが、キスしていいかと聞いて相手が待ってるのに気付かずダメなのか??と怒らせてしまうあたり、どうしても遊び人には見えません。
以来、このドラマの中で女性にキスしていいか許可を求めるのはタブーになっているのが笑えます。
まぁ、確かにね聞かれても困るよね、フツウ。

このドラマは上海と麗江それにバンクーバーの三箇所が舞台になっており、特に麗江の美しさはドラマの見所の一つになっているようです。
スポンサーサイト

[ 2007/04/04 02:02 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(6)
>いっしーさん
おいしいものを食べてる時って幸せですよね。
最近たくさん食べられなくなってきたのでせめておいしいものを食べたいと思うようになりました。
連休は・・・たいしてどこへもでかけませんでした;

>あなろぐさん
最初は韓国人俳優さんの予定だったということですね?
誰だろう・・・?
私個人としては金城サマで良かった~♪
[ 2007/05/09 15:19 ] [ 編集 ]
いや、すいません韓国人俳優の代役が金城武です。
おかしな書き方を、すいません。m(_ _)m
[ 2007/05/09 01:21 ] [ 編集 ]
いま外食中です…うまいモノ食べてる時は幸せです(*^_^*) 連休ぐらい会社の人間関係から離れてのんびりします。。亜茶さんは…?
[ 2007/04/28 16:50 ] [ 編集 ]
>あなろぐさん
金城サマの代役も決まってるんですか??
私も三国志で勉強しようと借りたまま置かれていた本を借りて読んだところから始まりました。
人生を学べるかわからないですけど、素直におもしろかったですw

>いっしーさん
たまにはもっと色気のある記事を書いてみたいですねw
京都いかがでしたか?
色気のある町だと思いますが・・・w
いっしーさんは更新早くて、過去記事に遡らないと見つけられないですね、きっとw
[ 2007/04/27 23:50 ] [ 編集 ]
先日はコメントありがとうございましたm(_ _)m 亜茶さんの記事も色気がありますよね!僕は色気のない生活なので、この三日間で京都に行ってきました。「天下布武」のほうに記事をアップしておきましたf^_^;
[ 2007/04/09 21:14 ] [ 編集 ]
金城武の代役は何とかという韓国人俳優のようですよ。
1メートルの光 か、これも知りませんでした。

それと、最近三国志のニュースをyahooでやってましたね。
新社会人が人生を学ぶ書物NO1になってるようですよ。
たしかに。
[ 2007/04/07 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。