FC2ブログ

三国志5 曹孟徳と反董卓連合軍の巻 

曹操(そうそう)は宦官の巨頭、曹騰の孫でした。
つまり宦官の家の子だったのです。
しかし、よく書を学び宦官の権力に臆することなく犯罪を取り締まり、黄巾の乱では敵将を打ち、まぁもともとやり手だったのですね。

人相を見る人に
「治世の能臣、乱世の姦雄」
と言われ喜んだといいます。
平和な世なら良い臣となり、乱世では姦雄となるであろう・・・という意味だそうですが、姦雄ってどんなんだろう?
漢字から自由に想像してみてください。

その曹操、前回で無理やり政権を握った董卓を暗殺しようとします。
司徒の王允(おういん)という人に七星剣という宝剣をもらい董卓の寝室に忍び込みますが、失敗。
一転、曹操は指名手配犯の身となってしまうのです。

しかしここでただ逃げてばかりいる曹操ではありません。
地元に帰り、軍資金を集め、兵を募り全国の豪雄たちに董卓打倒の檄文を飛ばしました。

すると公孫サン(サンの漢字が出ませんでした、ゴメンナサイ。)、袁紹、袁術、孫堅を始めとする諸国の豪雄たちが洛陽に向かって進軍してきたのです。
水関に集まったその軍勢およそ40万!
そしてその中にあの県尉の仕事をやめた劉備三兄弟もちゃんと混じっていました。
劉備は公孫サンの後輩だったのですねー。
だから公孫サン軍の中に混じっていました。
曹操は友達であり名門出身の袁紹を反董卓連合軍の明主にします。
連合軍といっても、それぞれに野望を抱く野合集団。
隙さえあれば自分がとって変わろうという人たちをまとめるために名門の袁家の名前を使ったのでした。

次回はいよいよ関羽の見せ場です。
義に厚く、青龍偃月刀で敵を次々となぎ倒し、武神と恐れられる関羽ですが、長い髭が自慢でいつも自分でなでています。あまり触ってばかりいるとちょっとナルシストっぽぃからやめてーと思う方は人気blogランキングへ

第6話に飛ぶ
6~10に飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2005/10/29 11:34 ] 三国志1~10 | TB(2) | CM(6)
お恥ずかしい限りです(^-^;
でもここではほんとに省略して書いているのでいつか是非小説を読んでみてください^^
私は初めて読んだ時泣きましたw

[ 2007/02/20 23:53 ] [ 編集 ]
先日はうちのとこにお越し下さって
ありがとうございました^^

ずっと三国志は読んでみたいと思っていたんですが、
小説や漫画があって、どれに手をつけて良いのか分からず…
そんな迷っていた時に亜茶さんとこを発見し、読ませて頂いています。

ありがとうございまーす。
[ 2007/02/13 18:32 ] [ 編集 ]
『姦雄』の解釈は難しいですね。
私はもっと簡単に乱世であればおとなしくしていない英雄みたいな感じで考えていました。

私もKOEIの三国志ならやりましたょ^^
でも子どもが小さいのでゲームはなかなかできません。
三国志大戦は最初はカード欲しさにやってましたけど、隣でやってた人がカードをたくさん下さったのでそれで満足してしまって最近はさっぱりです。
最初にやっぱり関羽のカードがでて、もちろんキラでしたw

三日会わざれば・・・って呂蒙ですか?
それともそのシーンでしょうか?
お約束はできませんが心に留めておきますねw
[ 2005/10/30 20:03 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2005/10/30 19:24 ] [ 編集 ]
姦雄とはいかなる手段でも用いても、結果を得ると言う意味と判断しています。
しかし「治世の能臣、乱世の姦雄」と言うことであれば、「治世が安定していれば法に則って世に貢献するが、之が荒廃することがあれば自分が汚名を被っても回復に努める人物」と解釈しています。
これは私個人の見解なんで、他の方の意見も聞いてみたいですね。
後、私も「三国志」や「信長の野望」やりますよ。
男児、三日会わざれば・・・も出ますかね?
[ 2005/10/30 12:16 ] [ 編集 ]
私はゲームから三国志を知った邪道者で、
関羽が何をしたのかよく知りません。

ただこの武将メチャクチャ強かった!
私はほとんどの戦に彼を連れて行きました。

他にもやたら強い武将はいましたが
彼は戦以外も有能だったのでお気に入りでした。

ゲームで大活躍してくれた関羽が
史実で何をしたのか楽しみです。
[ 2005/10/29 18:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://acha22211.blog32.fc2.com/tb.php/20-6668b808

お小遣いネット一覧館 ~管理人いたおのサイト運営悶絶日記~のいたおさんに、トラックバックされまくっている「あなろぐ職人」です。けっして、トラックバックスパムだとは思っていません。(笑)
[2005/10/30 21:35] 神戸の日記
治世の凡人、乱世の小市民 いたおです。最近☆アフィリエイトを始めよう☆の、あちゃさんの記事を楽しく読ませてもらってます。私はシミュレーションゲームが大好きで三国志もよくプレイしました。
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム