FC2ブログ

三国志94 少し年配の花婿行列の巻 

一つ目の錦の袋を開けた劉備達は、「呉の婿になります、よろしくよろしく~!」と音楽を鳴らして南徐の街を大々的に宣伝しながら喬国老の家まで辿り着きました。
喬国老は17話で出てきた小喬、大喬の父親でつまり孫策や周瑜の舅でもありました。
劉備のいきなりの来訪に驚いた喬国老は、劉備と孫権の妹との結婚話にさらに驚きました。
そんなおめでたい話なのに自分に知らせてくれないとは・・・と彼はそのまま呉国太のもとへ駆けつけます。
呉国太は孫権の父孫堅の夫人の一人で、孫権の母呉夫人の妹でもありました。
呉夫人が亡くなった今は彼女が孫権の母親代わりをしていたのです。

その頃孫権は慌てふためいていました。
彼は劉備が来たら人知れずこっそり殺してしまおうと思っていたのです。
それなのに劉備が宣伝して回ったおかげで南徐中にこの結婚話が広まってしまっています。
彼はこの話が呉国太に知られることを恐れました。
そしてくれぐれも彼女だけには知られぬようにと呂範にきつく命じるのでした。

しかし、当然その頃喬国老から呉国太にその話は伝わっていました。
自分の娘の結婚話だというのにそんな結婚話は寝耳に水です。
彼女はすぐに噂が本当か調べさせました。
そして花婿の劉備一行がもう南徐に着いていること、媒酌人にはこちら側が呂範、花婿側が孫乾と決まっていることを知るとすぐに孫権を呼びに行かせるのでした。

頭の上がらない義理の母である呉国太にいきなり呼ばれた孫権は呉国太の顔を見て不機嫌なのを察し動揺します。
何を話しかけてもむっつり黙り込んで答えてくれません。
ふいに呉国太は、お前の母が亡くなった時にお前達を頼まれて以来私は今まで懸命に育ててきたのに・・・と泣き出してしまいます。
呉国太は自分は義理の母だからこんな大事な話を自分に知らせてくれなかったのだと思ってしまったのです。
義理とはいえ母親同然に育ててきてくれた呉国太にそんな風に泣かれて孫権は困ってしまいました。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト




[ 2006/10/12 23:48 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(9)
ふと思ったのですが劉備の奥さんは武闘派がお似合いかもしれませんねf^_^; 大喬小喬よりも祝融夫人とか。
[ 2006/10/31 14:43 ] [ 編集 ]
記事を書いていただいてありがとうございました!後世、あんな意味がついてしまうなんてかわいそうな気もしますねf^_^; それくらい彼への風あたりは強かった ということでしょうか。。
[ 2006/10/25 12:41 ] [ 編集 ]
>あなろぐさん
孫権の妹は美人だったのではないでしょうか。
この後劉備がメロメロになりますから・・・(^-^;
あなろぐさんのこのコメントを見て初めて『関連ページ』なるものを知りました。
生協は毎週宅配をお願いしてるんですけど・・・関係ないですよね・・・?(-_-;)

>結城さん
劉備、相手を見てから俄然婿になる気になったのではないでしょうねぇ???
彼は運の強い人ですよね。。。
生きてるだけでも不思議なくらいの人生なのにここで何度目の結婚ですか?
関連サイトの謎、不思議です・・・。

>いたおさん
この話はまだまだ長くなりそうです(^-^;
でも孔明と劉備(の運)に任せて私のスロー更新にのんびりお付き合いください・・・m(。_。;))mスミマセン ペコペコ…

>ゆーくんまままさん
孫家が皆仲良しなのは・・・(-ω-;)ウーン・・・遺伝!?
絆が他のところに比べて強いようにも感じます。
孫策と孫権の歳が離れてるからとか・・・?

>いっしーさん
案外年が離れてる夫婦の方が奥さん強かったりしますよね。
逆に姉さん女房だとダンナさんが威張っていたりして・・・。
[ 2006/10/24 15:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/10/18 00:32 ] [ 編集 ]
劉備の叫びですかー。「これからカカアの尻にしかれるのかよぉー」なんて事はないですよねf^_^;
[ 2006/10/17 15:35 ] [ 編集 ]
孫家って家族みんなが仲良しですよね~。袁家や曹家ではこんなホームドラマはありえませんもの。
[ 2006/10/16 14:58 ] [ 編集 ]
そうきましたか。それは気づきませんでした。
きっとそうしろと袋の中に書かれてたのですね。流石孔明。
そかしそうなると残り二つはなんでしょう?
二つ目は呉が蜀に攻め込めない状況をつくるため。
三つ目は生きて劉備が蜀に帰ってくるため…かな?
ちょっと漠然としすぎてますね。やはり読めない。
[ 2006/10/15 14:33 ] [ 編集 ]
劉備、叫んでます。劉備、確実に来てます。

こういう所で劉備って救われてますよね。どこまでも運が強くて生き残る。逆に殺そうと企んだ人たちはことごとく失敗する。何かこう、やるせない気持ちになってくるんですけど。

関連サイト、私も確かめましたが、確かに生協が入ってますね。ちなみに今日の夜10時からやる私のネットラジオの関連サイトに『CTVN』or『金剛地』の名前は入っていませんでした。
[ 2006/10/15 10:54 ] [ 編集 ]
孫権の妹は蒼天では孫権同様に異常に
動物に好かれているのですが、凄く美人に
描かれていますね。

こちらの話ではどうなのでしょうか?
うーん、しかし呉国太のくだりもまるで別物ですね
それはそうと亜茶さん、Googleで神戸の日記を
検索して、関連ページを見ると
「@So-net blog:古田敦也公式ブログ」や
有名な「富士丸な日々」なんかが表示されますが
なぜでしょう?

ちなみに亜茶の天下三分の計の関連ページを調べると「がんばれ、生協の白石さん!」がありました。
うーん、なぜでしょうか?
[ 2006/10/14 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム