FC2ブログ

三国志92 荊州争奪の巻 

夜、曹軍は静かに呉の陣営に攻め入りました。
これを機に呉軍を壊滅させ、周瑜の首をとって曹操への贈り物にしようとしたのです。
しかし、呉陣には葬式の跡らしいものが残っているだけで兵の姿が見当たりません。
おかしいと思ったその瞬間、伏兵に取り囲まれました。
そして死んだはずの周瑜が出てきたのです。
すべてが周瑜の罠でした。
死んだと見せかけて伏兵の待つ陣の中へ誘い入れたのでした。
取り囲まれた曹軍はほぼ全滅、周瑜は大勝利をおさめました。

周瑜はそのまま南城を奪うべく向かいました。
しかし、南城から出てきたのはいるはずのない劉備軍の趙雲でした。
周瑜には南城の攻略は手にあまるようなので、軍師の命で約束通り自分達が頂いたというのです。
そこへ荊州城は張飛が、襄陽城は関羽に奪われたとの報告が来ました。
周瑜が何故そんなにすぐ次々に城を奪えたのかと不思議に思うと、南城で得た曹仁の割符を用いて救援だと欺いて入場したというのです。
またしても孔明にやられた・・・そう思った周瑜は怒りと焦りで傷が裂け、一旦退いて療養せざるをえなくなってしまいました。

その後、劉備と周瑜の間に魯粛がたって何回となく話し合いが行われました。
劉備側も一旦は荊州を返すと約束したものの、のらりくらりとそれは先延ばしにされていったのでした。
そんな中、周瑜の元に孫権が曹操軍に苦戦していると報告が来ます。
主君の危機とあれば周瑜も戻らざるを得ず、周瑜は多くの犠牲を払いながらついに荊州を手に入れることなく軍を引き上げることになってしまったのです。
劉備達はこの隙に荊州に詳しい馬良の意見を聞きながら、零陵、武陵、桂陽、そして長沙と荊州の領土を次々と収めていったのです。
周瑜は魯粛を使者にして度々荊州を返すよう申しいれますが、孔明は蜀の地を劉備が手に入れたら返す、などと言っては荊州に居座り続けたのです。

そんな時、劉備の第一夫人であった甘夫人が亡くなります。
それを聞いた周瑜にある一計が浮かぶのです。

この荊州の馬良(字は季常・きじょう)、眉毛に白い毛があったそうです。
彼は優秀な五人兄弟の中の一人でその中でも最も優秀だったことから『白眉(はくび)』というと兄弟や同類の中で最も優れている人や物を指すのだそうです。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト




[ 2006/09/01 21:40 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(10)
呉後半の諸葛恪もいい男かもしれませんf^_^; 性格は悪いですが…
[ 2006/09/14 20:04 ] [ 編集 ]
陸遜ですか?呉にはどの時期も美青年が登場しますよねf^_^;
[ 2006/09/09 19:16 ] [ 編集 ]
>derskeさん
周瑜も本来は美形で何でもできて・・・というタイプだと思うんですけどね。
やっぱり孔明がいるとどうも・・・ねw

>あなろぐさん
まさに妻子は衣服の如し・・・の劉備ならありえる話ですね。
でもそれで甘夫人が亡くなるんですか??
だとしたら結構ひどいですね・・・(-_-;)

>NIJOさん
この間中国語辞書を見てたら最初の方に『「阿斗」 無能者の意味に用いる』とありました。
ある意味後世に名を残してますよね(^-^;

>結城さん
三国志絡みの故事成語は多いですよねー。
中国ドラマを見ていても度々出てくるので私としては嬉しい限りです。
演義でさえも蜀は勝ち組といえるのか・・・ちょっと悲しいところですね。

>いたおさん
いたおさんはどれだけ先読みのできる男なんでしょう・・・。孔明になれますm9゚Д゚;)
次回も微妙に当たっているといえば当たっているではありませんか・・・!?…o(;-_-;)oドキドキ

>ゆーくんまままさん
そうですよね、本当にアイツさえいなければ・・・の心境になるのも分かるような気がします。
もうちょっと長生きしてくれたらまた違ったストーリーが楽しめたでしょうに。。。

>いっしーさん
呉ファンにとっては演義はおもしろくないかもしれませんね。
でももうちょっと待てば・・・ねぇ??
[ 2006/09/06 11:56 ] [ 編集 ]
赤壁のあたりから演義は蜀の大本営発表と化しますねf^_^; 呉ファンの怒りが恐ろしいです。。
[ 2006/09/04 19:25 ] [ 編集 ]
曹仁の軍を自らの死をもってまで欺き勝利したにもかかわらず、打つ手すべての先を孔明先生にしてやられるばかりの周瑜。このあたりからの周瑜の姿は、病身でもあり、読んでいても壮絶でかつ哀れです。。。(涙)
[ 2006/09/04 03:17 ] [ 編集 ]
やはり周瑜の罠でしたか。見破りましたぞフフフ。
そして今回周瑜が浮かんだ一計とは!?
葬儀に出席して劉備を暗殺?敵陣でそれはリスクが高いかな…
[ 2006/09/03 21:00 ] [ 編集 ]
『白眉』はその1つという事で。

公謹も孔明も知を以って武を制したわけですが、そんな私のEmpiresでの戦略は・・・ごり押しです。というか、ごり押しせざるを得ないシステムなのです。

さてまだこの時点では蜀が勝ち組にはなってないわけですが(魏は元から勝ち組です)、これから孔明によって劉備を天下へと導いていく姿こそが三国志演義の醍醐味であると思っております。
[ 2006/09/03 20:25 ] [ 編集 ]
NIJOの大好きな黄忠爺さんと
関羽の「男気」のエピソードがありますね^^

「白眉」と言えば群を抜いている者
「老黄忠」と言えば老いてますます盛んな者
「阿斗」と言えば愚か者

三国志は現代も息づいていますねー。
[ 2006/09/03 17:12 ] [ 編集 ]
甘夫人は蒼天では馬車から落ちて死ぬのですが
劉備はこの時、曹軍から逃げるためになるべく
馬車を軽くしようと、実子を馬車から投げようと
するんですね。
まぁ劉備らしんですが
ただ、それを聞いた周瑜にある一計が浮かぶとは?
ここ気になりますね。
[ 2006/09/01 23:50 ] [ 編集 ]
白眉、最も良し のくだりですね。
この話で思いつくのは、生徒会長みたいなスポーツもできて、頭も良い。マンガだとお蝶夫人とか花形満でしょうか?
周瑜も孔明さえいなければ・・・ね。
[ 2006/09/01 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム