FC2ブログ

三国志91 南郡攻めの巻 

孔明に言われた通りに周瑜と約束した劉備でしたが、あれでは南郡を周瑜に渡したようなものだと腑に落ちないでいました。
拠る地盤のない劉備にとって、南郡は喉から手が出る程欲しいものでしたが、孔明に間違いなく南郡は主公(劉備)のものになると言われると、なんとなく安心してしまうのでした。

周瑜は夷陵を取るとそのまま南郡を奪いにかかりました。
彼は敵が南城を捨てて逃げていくのを見ると、その隙に南城に攻め入りました。
しかし、南城にはたくさんの伏兵が待ち受けていたのです。
実は曹操が曹仁に残していった秘策をうけて曹仁が罠を仕掛けていたのでした。
伏兵達に矢を射かけられ、周瑜自身も矢を受けてしまいます。
周瑜が射られたのを見ると呉軍の程普はは周瑜を抱え、自分が盾になって周瑜を救い出し、そのまま呉軍は敗走したのでした。

周瑜が受けた矢には毒が縫ってありました。
傷は思いのほか深く、興奮すると傷口が開き毒が回ってしまうから絶対安静にするようにと言われます。
周瑜から軍の全権を任された魯粛も困っていました。
全軍の指揮を握れるのはやはり周瑜しかいませんし、毎日のように曹軍が呉陣の外までやってきては、周瑜を罵っていくのです。
曹軍は周瑜を罵って憤死させようとしていたのでした。
しかし、今の周瑜に戦える力はありません。
『免戦』の札を掲げておとなしくしているしかないのでした。

周瑜の怪我が回復してくると魯粛は一旦江東に戻るように勧めます。
しかし、周瑜は戦場で死ねるなら本望だ、と怪我した体で鎧を着ると出陣しようとするのです。
陣から出てきた周瑜を曹軍は一斉に罵ります。
それを聞いた周瑜は苦しんだかと思うとそのまま倒れて馬から落ちてしまいました。

その頃劉備の陣営では周瑜が死んだという報告が来ていました。
呉軍の陣営では皆白い喪服を着て慟哭している、と。
そして曹仁はこれを機に呉軍を壊滅させてしまおうと考えたのです。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト




[ 2006/08/31 16:32 ] 三国志91~ | TB(0) | CM(7)
いっしーさん、いつもありがとうございます。
ストーリーを忘れていないのは印象が強かったんでしょうか??
私は結構忘れている方です。
これ書きながら、そういえばこんな話だった・・・と思い出しています(^-^;
[ 2006/09/07 15:32 ] [ 編集 ]
ふと思ったんですが、ストーリーをほとんど忘れてないんですよね。。最近全然三国志は読んでないのにf^_^;
[ 2006/09/06 13:03 ] [ 編集 ]
>derskeさん
もちろんどんでん返しです^^
なんといってもあの美周郎ですしねw
北斗の拳はちらとしか知りませんが、やっぱり人物に魅力があると惹きつけられるものがありますよね。

>あなろぐさん
曹仁の魅力ってどういうところなんでしょう・・・。
蒼天はやっぱり曹操が主人公なだけあって、魏のメンバーにスポットが強くあたっているのでしょうか・・・??

>いたおさん
(゚口゚;)うっ・・・・・
最近いたおさんの鼻はよくききますね??w
それとも私の文章がゆるいのか・・・(-_-;)
[ 2006/09/01 12:00 ] [ 編集 ]
周瑜はやられたフリをして油断させようとしているのではないのでしょうか。考えすぎかな?
[ 2006/09/01 02:41 ] [ 編集 ]
すいませんなんか間違えて二つ投稿してしまいました。
でも、この辺のくだりは知らなかったです。
曹仁と周瑜の駆け引きも蒼天とは違いますね。
曹仁好きなんですけどね、どうなんでしょう?
[ 2006/08/31 21:43 ] [ 編集 ]
曹仁
[ 2006/08/31 21:39 ] [ 編集 ]
こんなんでしたっけ?
物語の中盤では主役といっても良い存在の彼でしたが・・・。
ふと思ったんですが、北斗の拳ってマンガも三国志に似ているな~と感じました。ヒットしたのは絵の良さもあるでしょうが、エピソードなどは今風にアレンジしてあるだけですね。
ドンデン返し あるかな~?
[ 2006/08/31 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム