FC2ブログ

三国志90 要地南郡の巻 

曹操は再起をはかるべく、許昌に戻ることにしました。
荊州を去る際に曹操は南郡の守将の曹仁に、呉軍が攻めてきた場合の敵を防ぐ秘密の策を記して渡し、何かあったらこれを開いて呉に南郡を渡すことのないようにと言い残していきました。

赤壁の戦いで曹軍を打ち破った呉軍はその勢いで南郡攻略を進めていました。
曹軍の敗残兵を自軍に組み入れながらの進軍は向かうところ敵なしの勢いだったのです。
それを聞いた劉備はこのままでは呉に南郡をとられてしまうとあせります。
しかし孔明は南郡は主公のものになるますからご安心を・・・と劉備軍を油江口に移動させただけでした。

劉備が油江口に軍を移したことを聞いた周瑜は劉備も南郡を狙っているということに気付きます。
周瑜は赤壁の戦いで多くの犠牲と莫大な軍費を費やしてやっと曹操を追い払ったその隙に要地である南郡を劉備に横取りされることを恐れました。
それでなくても劉備には孔明が付いているのです。
考えあぐねた末、周瑜は直接劉備に会いに行って話をつけることにしたのです。

周瑜が訪ねてくることは孔明の予想通りでした。
そしてそのための打ち合わせも劉備とできていたのです。
周瑜は単刀直入に油江口に軍を進めたということは南郡をとるつもりなのかと劉備に尋ねます。
すると劉備は大都督(周瑜)が南郡を攻めると聞いたから応援に来たのですが、大都督がとらないのなら私がいただきます・・・ともちろん南郡が欲しいと匂わせます。
すると周瑜は荊州併合は呉の宿願、どうしてそれをとらずにいられましょう・・・と呉としての意思表示をするのです。

両者の間に不穏なムードが流れ始めました。
すると劉備がおもむろに、南郡の曹仁は猛将で曹操もその守りに秘策を残していったと聞く、そう簡単には落とせないのではないかと言い出します。
すると周瑜は、まず最初に呉が南郡を攻め、もしそれで奪い取れなかったら南郡を劉備の自由にしていいと約束します。
赤壁での戦いを考えると呉に優先権があるのは当然。
こうして劉備と周瑜の間でひとまず話がついたのですが・・・。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト




[ 2006/08/08 13:22 ] 三国志81~90 | TB(0) | CM(8)
孔明先生の凄さが最も現れるのがこの荊州併合ですよね。周瑜も「まさか」の連続だったでしょう。このときのストレスが原因となったのでしょうね。NIJOさんのコメのように、感情的になってしまう周瑜の性格があだになりました。
[ 2006/08/14 04:10 ] [ 編集 ]
僕は蜀ファンですがこの頃はほんと緊張感がありますね。。読んでて面白いですf^_^;
[ 2006/08/13 11:19 ] [ 編集 ]
>NIJOさん
そうですよね、周瑜はどうも孔明が相手だと感情的になるシーンが多いような気がします。
いかにも冷静な孔明がまた憎らしいけど好きです・・・w

>あなろぐさん
暑いですねー、そちらはこちらよりはるかに気温が高そうです。
私も運動不足で体力がなくて・・・。
蒼天の曹仁が分かりませんが、なんだかすごそうですねw

>いたおさん
本当に超能力者ですよねw
何を根拠に周瑜が城を落とせないと思ったのか、そこのところを聞いてみたいですね・・・。

>derskeさん
天下をとるのは・・・そのどちらでもないとか・・・?
異なった視点からまた見ると違った楽しみ方があったりしますね^^

>結城さん
いや、最初から孔明の頼りきりの劉備ですから、自分でなんとかしようなんてきっとこれっぽっちもなかったでしょう・・・w
というわけで
劉備<周瑜<劉備(+孔明)
でいかがでしょう・・・?
[ 2006/08/12 22:49 ] [ 編集 ]
特に意味はありません(笑)

劉備に孔明あり。ズルいですねぇ。
少しは自分の力で勝ってみようという気概はないんでしょうかね。いや、あったはずです。
でもね、自分でやったら失敗するんですよね。この人・・・・。
やっぱりRGK(劉備の軍師・孔明)だね。
↑横のDHCの広告見てたら思いつきました。
[ 2006/08/11 20:26 ] [ 編集 ]
孔明は孫さんで、周瑜は村上さんあたりでしょうか?
どこから見るかの視点によって良くも悪くもなりますね。
しかしそうなると、天下を取るのは誰なんでしょうか?
[ 2006/08/11 00:03 ] [ 編集 ]
周瑜が攻め落とせないと読んでるわけですよね。
あの知力98の周瑜が攻め落とせないだろうと
なぜそこまで自信満々に思えるのでしょうか。
もはや超能力者の予知レベルですね。
[ 2006/08/09 23:28 ] [ 編集 ]
わたくしは、曹仁が好きです。
蒼天での後半の輝き方は尋常ではありません。
猛将列火ですよ、本当に。

しかし厚いですね!
去年は真夏にタンカン足場をばらしていましたが
ちょっと肉体労働から離れるともうへナチョコです。
[ 2006/08/09 02:57 ] [ 編集 ]
軍略とかじゃなくって、
こういう、個人同士の駆け引きの場面ですよね。
心理を読んで言質を取るなんて、孔明らしい手です。
周瑜のように感情的なところのある人物は
かっこうの餌食だったのでは……。
[ 2006/08/08 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム