FC2ブログ

三国志89 大戦のあと 

208年冬、孫権・劉備連合軍は曹操83万の大軍に歴史に残る勝利をおさめました。
戦場は焦げた死体で埋め尽くされていたといいます。
曹操は関羽の情にすがり、南郡に落ち延びることができました。
長く厳しい逃避行の末に生き延びたのはわずか数十騎余でした。
南郡に辿り着いた曹操は郭嘉が生きていればこのような負け戦にはならなかったのに・・・と嘆いたといいます。
郭嘉はこの前年に病で亡くなっていたのでした。

その頃、夏口では赤壁での大勝利に沸きかえっていました。
しかし誓紙を思えば関羽に凱旋の喜びはなく、待ち受けるのは軍法に照らされた処罰のはずでした。

関羽は陣に戻ると曹操を逃がした罪を告白し、死を請いました。
昔の義に溺れ、曹操だけでなく敵将や兵までも逃した関羽にたいして怒った(ふりをした)孔明は関羽に死罪を申し付けました。
それを聞いた張飛と趙雲が慌てて孔明に許しを請います。
他の将兵たちも孔明に跪き、関羽を許してくれるように頭を下げました。
すると劉備が私たちは桃園で生死を共にすると誓っている、雲長(関羽)は軍法を犯したが、自分たちも昔の誓いに背けない、ここは自分に預けてくれたら後日功績で罪を償わせると孔明に頼みます。
劉備にそう言われたら孔明も許さざるをえません。
こうして関羽の首は繋がりました。
このことによって孔明は劉備の一番の腹心である関羽でさえも軍法を犯せば罰せられるということを皆に知らしめ、尚且つ関羽が曹操に対してもっていた恩を返させたのでした。

こうして三国志でもっとも大きな戦いである赤壁の戦いも終りました。
曹操側の完全な大敗で、あたかも曹操が大変な痛手を受けたかのように思われますが、その後曹操が莫大な費用のかかる銅雀台の建設をそのまま進めていたことから、曹操の財力からして致命的な被害とはいえなかったと考えられています。
しかし実際にどの程度の被害であったかは史書に記載されておらず不明なままですが、これにより曹操は荊州の大半を放棄して南下政策が頓挫せざるをえなくなり、天下はいよいよ三つに分かれることになるのでした。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

90話へ進む
スポンサーサイト




[ 2006/07/26 13:33 ] 三国志81~90 | TB(0) | CM(5)
>derskeさん
確かに現代ではピラミッドとか古墳って作りませんよね。
青森の城は私もテレビで見たことがあります。
やっぱり権力(財力?)を誇示したかったのかなぁ・・・?

>NIJOさん
孔明は結構イヤな奴かもしれませんよね。
自分だけ分かっていて他人が分からないで困ってるのを喜ぶというか・・・。
Sですねw

>いっしーさん
やっとここまで進みました。
一体いつになったら終わることやら・・・(-_-;)

>いたおさん
いたおさんの曹操に対する好感度が上がりました?
良かった(;´▽`A``
本当にみんなよくここまで生きていますよねw
[ 2006/07/29 15:43 ] [ 編集 ]
しかし英雄というやつは、
劉備も曹操も関羽も
2,3回は死んでいてもおかしくない死線を乗り越えていますね。
今回は曹操がいくつも死線を乗り越えたわけですが、なるほど好感度が上がりましたよ。

赤壁の戦いでパワーバランスが変わり天下が三分になりましたか。ここから先のお話は私は殆んど知りません。
[ 2006/07/28 01:34 ] [ 編集 ]
いよいよ天下三分ですね。負けたとはいえ曹操のカクカへの思いもカッコイイですf^_^;
[ 2006/07/27 11:54 ] [ 編集 ]
注意を喚起するためとか発奮させるためとか、
孔明はやたらと味方に対して芝居を打ちますね。
それを理解してくれる人がいるからいいけど、
踊らされる人々にとっては嫌なヤツなんだろうなぁ……
[ 2006/07/26 20:48 ] [ 編集 ]
権力や財力ってのは、今よりも昔の方がパワーがあったんでしょうね。
金がいくらあっても、ピラミッドや、古墳をつくる人っていませんから。
そういえば、青森に城をつくった人はいましたね♪
[ 2006/07/26 17:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム