スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

康煕王朝 その2 

最初に書いた記事はこちら

相変わらず康煕王朝にはまっている私ですが、今回はその続きの話です。
8歳で皇帝となった康煕帝はこの後すぐ青年役の俳優さん(といっても中学生くらい?)に変わりました。
前の幼いかわいい皇帝と違い、この青年帝はあまりにも若くそして浅はか・・・。
その帝ぶりに見ているこっちは(`ω´)イライライライラ・・・・・
しかし浅はかだった青年康煕帝は数々の苦難を乗り越え成長し、やがて己の力でその覇権を手にすることになります。
その頃には何故か母性本能が芽生えて、自分は帝だと威張っている割にはその合間に自分を振り向いてくれない女性を一生懸命口説いている康煕帝がかわいらしく思えていたから不思議。
そんな心ときめくかわいい康煕帝に好意を持てたかと思ったら今度はすぐに成年役の俳優さんになるではありませんか・・・。

最初の印象はなんかおじさん・・・しかも内容がなんだか外交的な話になってしまっておもしろさが急激に冷めてしまい見るのやめようかな・・・と思った程でした。
ところがこの俳優さん、なんとあの『英雄 HERO』で秦王役をやっていた陳道明さんという有名な俳優さんであったらしい。
康煕帝は最初髭もないし、頭も半分坊主だし、全然印象が違うのです。
『英雄』の秦王の画像を検索していくら見てみても本当に別人のよう・・・。
そうこうしているうちにまたまた康煕熱が高まっていきます。

康煕帝は清王朝でも最盛期を築いたと言われていますが、完璧な皇帝ではありません。
確かに賢君ではあるものの、多々失敗もやらかします。
でも大変な勉強家で古今の学問に優れていたとされているようです。
さて、そんな康煕帝が、ある時宮廷の情報が漏れていることで自分のすぐ近くにスパイがいることに気付きます。
すると康煕帝は三国志にも出てきたある行動をとるのです。
さて、その行動とは一体何でしょう?
答えは→ 自分の身近にスパイがいると悟った康煕帝はなんとあの『苦肉の計』を実行するのです。
『苦肉の計』とはこちらにも書きましたが、
『わざと自分を傷つけて相手を信用させ、敵が互いに疑いあうようにしむけたり、敵を誘って内応させたり、協力する約束をさせること。』
とされています。
学問に通じていたとされる康煕帝ですから当然そんなことも知っていて実行したに違いありません。
そしてこのことは後に彼の命や国さえも救うことになるのですから、勉強って大切ですね。

『康煕王朝』全50話中、私はまだ26話。
ずっと見ているようでまだ半分。
まだまだこれからも楽しめそうです♪
スポンサーサイト

こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性の方には、こちらです!
「femi-log」 http://femi-log.jp/index.html

独身女性専用です!
最近復活したみたいです。
こっちも参考になりますねぇ。
気になる方はぜひ見に行ってみてください。
[ 2006/07/21 14:16 ] [ 編集 ]
康煕帝は強権の皇帝で有名ですが、中国で人気があるのですね。ふむふむ。。50話!なんと大河(48話)よりも長いんだ。。。。
[ 2006/04/09 02:42 ] [ 編集 ]
>あなろぐさん
好きなことだと書くにも楽しく書けますよね^^
確かに私はボクシングや格闘技系に限らずスポーツ全般に興味ないことが多いですが・・・
でも男の方なら興味ある人の方が多いのでは??

>derskeさん
まさにあのラストエンペラーと同じ格好していますよ。
あの髪型は不思議です・・・w
一応清王朝の4代目らしいので・・・徳川幕府だと・・・優秀だったら将軍は誰でしょう??

>いたおさん
英雄は映像綺麗ですねー。
でもいかにも作り物っぽいアクションシーンがやたら長かったような気がします。


>いっしーさん
おかげさまでだいぶよくなりました♪
古代の兵法は後々にも生かされてますよねー。
バトンはどんなバトンでしょう??
あとでチェックしにいきます♪

>結城さん
まさにありましたよ、三藩の乱。
私が萎えた部分のひとつですw
雍正帝もGyaoであるみたいです。
終わったら見てみる予定です。
[ 2006/04/09 00:02 ] [ 編集 ]
康煕帝はロシアとの条約で国境画定をしていますし、三藩の乱や国姓爺合戦の話にも出てきますから世界史では出やすい部分なので、受験生だった頃は次の雍正帝と乾隆帝と合わせて覚えておかなければならない部分だったと記憶しています。確かセンター試験にも問題があったような・・・。
[ 2006/04/08 21:05 ] [ 編集 ]
 体調はよくなりましたか?(><) しかし清の時代でも連環の計って生きているのですね。。^^ さすが中国。

 あとバトンをもらったので亜茶さんにもお渡しします。微妙なバトンですが。。m(_ _)m
[ 2006/04/08 09:35 ] [ 編集 ]
『英雄』は映像美が素晴らしかったです。特に風景が綺麗でした。中国の景色って雄大で美しいですね。
いかん、頭が回らなくなってきました。
[ 2006/04/07 01:32 ] [ 編集 ]
日本では、ラストエンペラーで最後の帝が有名ですが。
中国版の徳川家康みたいな感じでしょうかね。
私も、Gyaoを見てみますね。

[ 2006/04/06 20:39 ] [ 編集 ]
康煕王朝にはまる亜茶さんの心理に興味があります。
ギャオでやってるみたいですね。
今こうして亜茶さんのブログを見ながら
いいなーと思ってます。
わたくしも亜茶さんのように好きなことをメインに
取り上げようかな?と思ってます。
だだ、そうするとボクシングとか
格闘系のわだいになるんですよね。
皆さんあまり興味ないでしょ?

[ 2006/04/06 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://acha22211.blog32.fc2.com/tb.php/161-4939cd5e

 いっしーです。TB&バトン渡し失礼いたします。いつもお世話になっている感謝の気持ちが半分と好奇心が半分です(笑) 勝手な申し出ですので、都合が悪い方は遠慮なく辞退下さって構
[2006/04/08 09:36] タカとユージのように
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。