FC2ブログ

三国志84 関雲長の恩の巻 

このような大事な戦なのに私だけを外すとは一体いかなる考えか!?
おそらく関羽は自分は最強だという自負もあったでしょう、なのに自分だけが外されたことに納得いかず孔明くってかかります。
孔明はにこやかに、実は雲長(関羽)には一番重い役目を任せたいのだが、思うところがあって決めかねている・・・と意味ありげに羽扇の端から関羽を横目で見ています。
その態度に関羽が憤慨してそれを問い詰めると孔明は、呉に負けた曹操は華容道を通るに違いない、関羽にはそこで曹操を待ち伏せてもらいたかったのだが関羽はかつて曹操の恩を受けたことがあり呉から逃げてきた曹操が来た場合、義理堅い関羽はきっと彼を見逃してしまうに違いないと言うのです。

関羽は曹操への恩は顔良と文醜を斬ったことでもう返した、今日出会ったらそれは敵として対処するに決まっている、と言い切ります。
しかし孔明はまだ不安げにもし見逃したらどうするかと聞きます。
すると関羽は曹操をもし見逃したら首を斬られてもかまわないという誓書を書き始め、途中でもし曹操が華容道を通らなかったらどうするか?と逆に孔明に聞きます。
孔明は笑みを浮かべ、もし曹操がそこを通らなかったら自分も処罰を受けよう、とその誓書に連判するのです。
書き終えた関羽が行こうとすると孔明はそれを呼びとめ、華容道では高台で生木を燃やして曹操をおびき寄せるように言います。
関羽はそれでは伏兵がいると思って曹操が近寄らないと反論しますが、孔明は曹操は兵法の駆け引きに溺れる癖がある・・・と自信たっぷりに言うのでした。

そのやりとりをただはらはらして見ていたのはやっと出番が出てきた劉備です。
関羽は情に厚い、もし曹操に会ったら必ず助けるに違いないと心配します。
孔明はそれは承知の上だと笑います。
もし今曹操が滅んだら北方が乱れ、孫権がそれにつけこみ、主公(劉備)の漢朝統一を難しくします、星を見る限り曹操の命脈が尽きてないから誰を華容道にやっても曹操は生き延びるでしょう、と。

その頃曹軍では程イクが風向きが変わったから火計に用心するようにと曹操に注意していました。
しかし曹操はそれを笑い飛ばしてしまうのです。
そこへ黄蓋からの密書が届きます。
今宵兵糧船で投降する、船の舳先に青龍の旗と立てたとありました。
曹操は黄蓋の船が来ないか見張っているようにと指示を出します。
いよいよ赤壁大戦の本番です。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

85話へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/06/14 11:31 ] 三国志81~90 | TB(0) | CM(5)
>結城さん
ほんとに、情に厚いって長所のようで場合によっては短所・・・。
このハイライトシーン、10回持たせる自信はあまりありませんが、その前でかなり稼がせていただきましたw

>hitogogo
その熱さで発火しないようにm9゚Д゚;)w
サッカー熱にも東南の風を呼んであげる?w

>いたおさん
孔明はこの時点では人の寿命や天候まで読んでるのですが、この後その能力(?)は衰えてくるように私には思えるのです。
残念・・・。

>ゆーくんまままさん
そうそうー、片方だけでなくどっちも読むところがスバラシイ。
おかげで黄蓋は歴史に名前が残りましたね♪
『苦肉の計』だけど黄蓋自身に演技力は必要なかったようですねw
[ 2006/06/16 13:40 ] [ 編集 ]
関羽の性格も曹操の行動もすべてを読んで手を打つ孔明センセの本領発揮の場面ですよね!そして赤壁の戦いの火蓋が切って落とされます。黄蓋一世一代の大舞台!
[ 2006/06/16 04:28 ] [ 編集 ]
赤壁の戦いは有名ですね。私でもある程度知ってる程に。
関羽は義に厚い。でも絶対逃がさないと言い切るなら本気で戦うと思うのですが違うのかな?
しかし孔明、人の寿命までも解かるのか…
[ 2006/06/16 00:51 ] [ 編集 ]
船に乗ってやってきたよ~~w
読んでて思わず熱くなってもうたー!
…o(;-_-;)oドキドキ

クールに笑う曹操さんもそのうち熱く・・・(違

[ 2006/06/15 23:43 ] [ 編集 ]
あ~もう、いい所で次回予告かよぉ!(笑)

情にも義にも厚い人って一見するとかっこいい様に見えても、ある時にはそれを変えないと、迷惑をかけることになりますから、なんてね。

赤い壁の大きな戦は三国志のハイライト。大河ドラマだったらこれだけで10回位は稼げそうな感じがします。
[ 2006/06/15 09:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム