スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三国志82 東南の風の巻 

七星壇で孔明は兵達にこれからの祈りは道法に則ったものであるから所定の位置から動いたり無駄口をたたいたりすることのないようにと厳しく命令していました。

その頃魯粛は周瑜に孔明が祈りを始めたことを報告していました。
周瑜はしばらく考えてから、祈って風が吹くと思うか?と魯粛に問い返します。
彼は不安だったのです。
本当に祈って風が吹くのだろうかと。。。
しかしここまで来てしまったらあとは孔明に頼るしかないのでした。

そして黄蓋は曹操に降る(ふりをする)為の準備をしていました。
早舟20艘の舳先には大釘を打ち込み、船底には燃えやすい葦や柴を積み油をふりかけ、さらに硫黄、煙硝などの引火しやすいものを混ぜます。
どの船にも青い布を被せ、曹操と決めた目印として船頭には青龍の旗を立て、船尾には自分達が乗るための早舟を繋ぎました。

他の呉の水軍も船に武器を積み、直ぐに戦闘態勢に入れるように今やおそしと待っていました。
準備は万端整っていました。

しかし風はなかなか吹きませんでした。
将兵達が風が吹かなければ全てが水の泡だと騒ぎ始めました。
周瑜はそれを黙らせます。
しかし一番不安になっていたのは周瑜だったに違いありません。

呉の全軍がじっと風を吹くのを待っていました。
周瑜は食事も喉を通りません。
ただ時間だけが過ぎていくのです。

周瑜は次第にイライラしてきました。
孔明を信じた自分がまちがっていた、真冬に東南の風など吹くものか、とつい愚痴ります。
魯粛は慌てて、孔明先生を信じてせっかくここまで来たのです、もう少し待ってみましょうとたしなめます。
そこへ風が吹いてきました。
周瑜達が慌てて外に出て確かめるとまちがいなく東南の大風です。
周瑜は歓喜しました。
勝利をもたらす風だ!と皆大喜びです。
しかし、周瑜はふと立ち止まりました。
孔明は天地創造の法を自在に操り、鬼神もしのぐ妖術の使い手だ、こんな化け物を生かしておいては我が軍に百害をもたらすに違いない・・・と。
そしてすぐに100人ずつ水陸両路から南屏山の七星壇に登り孔明を斬って首を持ってくるように言いつけます。
魯粛が慌てて止めますが、周瑜自身は曹軍出撃のためにそのまま行ってしまうのでした。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

83話へ飛ぶ
スポンサーサイト

[ 2006/04/26 16:51 ] 三国志81~90 | TB(1) | CM(12)
>いっしーさん
wwww息子よりお父さんの方がそりゃ・・・ねぇ・・?w
しかしまだまだ切り札をお持ちのようですね?w
楽しみです♪
[ 2006/05/14 00:59 ] [ 編集 ]
 関さんとこの息子では力不足でしたかorz 出直してきます(>_<) ↓残業の気力をふりしぼって、おごそかな臥龍先生をアップしました。。
http://blogs.yahoo.co.jp/minnade_rekisi/4078524.html

[ 2006/05/10 22:39 ] [ 編集 ]
>いたおさん
そうでしょそうでしょ、カッコ良すぎます、孔明♪
先だけじゃなくてさらにその先まで予想する・・・スバラシイ♪♪

>ゆーくんまままさん
なるほど、そう考えるとリアル感が増しますね^^
現代だったら気象予報士にもなれます、孔明先生♪

>あなろぐさん
お忙しそうでなによりです^^
暇・・・より忙しい方がいいに決まってます。
しかし、お体だけはどうぞ壊さぬよう・・・。

>いっしーさん
早速見に行きます♪
しかし、若武者??
若武者・・・誰だ??
[ 2006/05/09 23:35 ] [ 編集 ]
しかし今思うと孔明先生は全て計算づくだったのですね^^ 味方にしたらこんなに頼もしい人はいませんね。

↓久々に三国志記事をアップしました。若武者ですよ^^
http://blogs.yahoo.co.jp/minnade_rekisi/3558267.html
[ 2006/05/06 13:51 ] [ 編集 ]
姫様、お久しぶりでございます。
会社業務の忙しさにまったくパソを触れません!
2人で始めた会社が、既に14人に膨らみ
とうとう私的時間がまったくなくなりました。
どうぞお忘れにならないように
切に願うしだいです。
記事は全て見ました。
また末に来ます!
[ 2006/05/04 05:03 ] [ 編集 ]
この東南の大風については現代でもこの時期めったに吹くことは無いそうです。まさに奇跡の出来事ですよね。ただし、今でもたま~に吹くことはあるそいうですよ。孔明先生、現代でいう「気象予報士」なみの知識をもっていたのでしょうね~。
[ 2006/05/01 13:38 ] [ 編集 ]
それは風向きが変わることが解かっていただけでなく、その後すぐに周瑜が刺客を差し向けてくることまで解かっていて逃げる準備をしていたことです。
カッコ良すぎる!孔明!
[ 2006/04/30 19:25 ] [ 編集 ]
>derskeさん
確かに孔明暗殺はこれで何度目でしょう??
でもderskeさんの言うとおり、嫉妬心じゃなくて忠誠心からなので許せてしまいます。。。
孔明があまりにもうわてだからなのもありますが・・・。

>NIJOさん
分かっても良さそうですよね。。。
あっさり信じてるところが昔の人というか、純粋というか。。。

>いっしーさん
おおおーーーー!!
大サービスですねw
是非見に行きます♪♪

>結城さん
リスナーへのアピールコメントですか??(汗)
ドウシヨヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ ドウシヨ
(-ω-;)ウーン
三国志を知ってる人はもちろん知らない人も是非三国志を好きになってください♪
[ 2006/04/28 23:46 ] [ 編集 ]
しかしねぇ、誰だってこれは脅威に感じますよ。
ただ、周瑜は短気なところもあるので『殺せ』という形になったのでしょう。
局地的に大気を変更したら、後で変な事になるでしょうから、冷静に考えれば何らかのトリックがあってしかるべきだと普通は思いますけどね。お前のやった事はまるっきり全てお見通しだ!(トリックだけに)

4月30日についにネットラジオ化するのですが、ブログ紹介で4週にわたって四天王ブログの紹介をしたいのですが、何かリスナーへのアピールコメントはありますか?
[ 2006/04/27 21:59 ] [ 編集 ]
 五虎の次は臥龍先生の絵をアップしました!亜茶さんへのサービス?です^^
[ 2006/04/27 00:57 ] [ 編集 ]
周瑜だって知恵者なのだから
知っていてもよさそうなのに、風のトリック…。
[ 2006/04/26 23:47 ] [ 編集 ]
周瑜も、こんな化け物なんだから
簡単には、殺せないし
自分にかなわないとか思わないのが不思議。
周瑜自身もまた、天に生かされている事に気づくべき
しかし、それも忠誠心からなのでホント憎めない奴です。(笑)
[ 2006/04/26 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://acha22211.blog32.fc2.com/tb.php/155-73e24495

書き手:天草三年前の自分の誕生日に開館した三国志博物館もついに三周年を迎えました♪今回は思い切って改築工事をし、新たなコーナーや更新されたコーナー、いかがでしょうか?特に新コーナーに関しては、これから生かすも殺すも皆様次第…という訳で、よろしくお願いしま
[2006/05/07 00:24] 三国志博物館集解
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。