FC2ブログ

三国志80 火攻めに必要な風の巻 

呉の水軍は三江口を出て曹軍と対峙してました。
曹操はまず、連環船でない小さな船で呉軍と戦わせます。
しかし呉の韓当、周秦といった水上戦に長けている呉軍の前にあっけなく負けてしまいます。
次に曹操はとっておきの連環船団を繰り出します。
呉軍は曹軍の連環船に向かって矢を次々に打ちますが、大きな船を繋いだ連環船に矢は届かず、結局撤退するのでした。

呉軍の陣営では戦に敗退した韓当、周秦が周瑜に敗北を詫びていました。
しかし周瑜は戦の勝敗は兵家の常、気にされるなと上機嫌な様子で言うので韓当、周秦は怪訝に思いながらも下がります。
魯粛が大都督(周瑜)はいつも軍法には厳しいのに今日はどうしてあの二人を即許したのかと聞くと周瑜は今回は最初から一勝一敗の必要があったのだと言います。
曹軍が早舟なら我が軍は何がなんでも勝たなければならないが、連環船に対しては決して勝ってはならない、曹操が連環船の優越性を信じない限り、火攻めは使えないからだと説明します。
そこへ大風が吹いてきます。
するとそこにこの風で曹陣営の大旗が折れたという報告が来ます。
周瑜はそれは不吉なことだ、かわいそうに・・・と敵の不幸をわざわざ見に行きます。(性格悪くない?)

しかし、曹陣営を見に行き、呉軍の旗が顔に当たった周瑜はそこで一つのことにようやく気付くのです。
それこそ曹操が言ってた風についてでした。
火攻めに風は不可欠、しかし時は冬、長江に東南風は吹かない。
南岸に布陣する呉軍が北岸の曹軍を火攻めにすれば、その炎は風下にいる自軍を焼き尽くすことになってしまう・・・。
東南の風が吹かない限り、これまでの計が全て無駄になってしまう・・・それに気付いた周瑜は気のあせりが高じ病に倒れてしまうのでした。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

81話へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/04/11 15:20 ] 三国志71~80 | TB(0) | CM(8)
>NIJOさん
周瑜、確かに・・・w
これで問題が解決すると病気治るでしょ??
強いのか弱いのかよくわかりませんw

>いたおさん
そうですか、孔明はゲームの中で風を変えられるのですか・・・。
フフフ・・・
詳しくはつづきで!!

>いっしーさん
どこの地域でも冬場は北風が当たり前なんでしょうか?
だったら他の戦いでも利用されてもいいような気もするのですけど。。。

>あなろぐさん
蒼天航路には出てこないのですか?、風の話・・・。
演義での赤壁の戦いでは曹操のその賢さが逆に仇になってしまったような気がします。

>ゆーくんまままさん
そうなんですかー?
じゃあ、東南の風はまさに魔法!?
魔術師としてもやっていけるかもしれませんねw

>結城さん
アテネの話を知りませんが、自分に奢り油断してると足許を救われる例は結構あるように思います。
天気予報は度々外れるのに何故か信じてしまうんですけどね(;´Д`A ```

>derskeさん
おおお、そうでした、そんな風の話もありましたね。
何にせよ、自然の力は人間には動かせないものなのにその及ぼす影響が大きいから物語になりやすいのかもしれませんね。
[ 2006/04/14 23:37 ] [ 編集 ]
日本はおかげで助かりましたが、
この場合も因果関係がありそうですね。
単に過去の実績だけでは語れないです。
個々の人間という存在、まさに神というよりも
地球、もしくは宇宙全体の中の歯車になっているのかもと言う事です。
色んな意味で吹くべくして吹いた風なんでしょうかね。
[ 2006/04/14 21:39 ] [ 編集 ]
どうなんでしょう。天気予報なんて当たらないのが普通みたいな感覚でいるので。油断は思わぬ事件を招きますから用心しておくに越した事はないですが、この時の曹操のように、焦りや奢りを見せる人物ほど大事を見誤る事が多いと思いますね。ギリシャ時代末期のアテネのような。
[ 2006/04/14 20:12 ] [ 編集 ]
現代でもこの季節に東南の風が吹くのは珍しいそうです。やっぱり孔明先生の魔法が必要なんですね~!
[ 2006/04/14 14:53 ] [ 編集 ]
この辺りのハナシを知りませんでした。
わたくしは、呉よりも遥かに曹操が好きなので
どうしても曹操よりの考え方になってしまうんですが
東南の風か.....賢いですね曹操兄貴は
[ 2006/04/13 19:26 ] [ 編集 ]
考えてみるとこの地域の風の話って赤壁以外では聞かないですね。。元の末期にこの地域であった海戦にも風の話は出てこないし(>_<) …考えすぎですねm(_ _)m
[ 2006/04/13 07:45 ] [ 編集 ]
実はですね。
ゲームの中の孔明は風向きを変えられます!人間離れしてます!
まあゲームだからそれも有りかとつっ込んだ詮索もぜずに納得していました。
まさか本当に孔明が風向きを変えるんじゃないでしょうね。いくら演義とはいえ。
[ 2006/04/13 01:47 ] [ 編集 ]
なんかお久しぶりな気がします。NIJOです。

「病は気から」を地でいく男ですよね、周さん。
後から思うと「仮病じゃねーか?」という感じも……。
[ 2006/04/12 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム