FC2ブログ

三国志79 短歌行の巻 

出陣を控え、曹操は全兵を集めて宴を催していました。
師勗の古代の舞も復元し、宴は盛り上がりを見せていました。
曹操は連環船のおかげで悩みの種も解決し、江東を平定して天下を統一し平和がもたらされた暁にはここにいる諸侯と泰平の世を楽しもうと、上機嫌でした。
曹操は黄巾討伐の頃から使っている矛を持ってこさせ、これまでの数々の戦を振り返ります。
そして天空に名月を戴き、地には大河が流れ、この絶景に感極まったと言って詩を歌いだします。
これが有名な曹操の『短歌行』です。
内容は「さあ、酒を飲んで歌おう」というような内容だったと思います。
まぁ、上機嫌でこれを謡い終わった後、天下一の楽師としている師勗にその感想を尋ねます。
師勗は最初その歌を誉め称えるのですが、曹操は怒りはしないから誤りがあったら遠慮なく指摘して欲しいと言うのです。
すると師勗は曹丞相の詩才は当代一でしょう、ただこの詩の中には雅楽の規範に合わず不吉な文言がある、今まさに出陣というこのような時には避けるべきであると指摘します。
それを聞いた曹操は興を殺いだと言って持っていた矛で師勗を突き刺し、そのまま自分は倒れてしまうのです。
翌日、冷静になった曹操は酒に溺れて彼を殺してしまったことを後悔します。
師勗は天下一の楽師、今日からこの国には雅楽がなくなる・・・そう言って泣き、彼を手厚く葬るのでした。

曹陣営では船を鎖で繋ぎ、武器も軍旗も用意できて戦闘の準備が整ってきました。
曹操は水上塞を巡察しに行きます。
船が鎖で繋がれたことにより兵士の足場が安定しただけでなく、馬も行き来できるようになっていました。
整然と秩序をなして圧倒する大きな連環船の間を魚のように動く早舟を見て、曹操は決戦での勝利を確信していました。
しかし、それを見て呉の火攻めを心配している軍師がいました。
程イクです。
すると曹操は松明を持ってこさせ、これで自分を焼いてみろと言います。
しかし風が程イク側に向かって吹いており、焼くことができません。
曹操は、今は冬、西風、北風は吹くけれど、東風、南風は吹かない、我が軍は長江北岸におり、敵は南岸だ、もし周瑜が火攻めを用いたら燃えるのはどっちだ?と言って笑うのでした。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

80へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/03/24 23:59 ] 三国志71~80 | TB(0) | CM(4)
>いっしーさん
私も今回これを書いててそう思いました!!
なにげに曹操もちゃんと考えていたのですね。

>ゆーくんまままさん
だんだん勢力が大きくなってきていて、全てがうまく行っている時ですよね、きっと。
この話に限らず、他の歴史の中にもそういうシーンが多々あるかも。。。

>あなろぐさん
私が普段行っているのは右側にリンク貼ってあるサイトです。
なにげに自分の巡回サイトでもあるんです。
いいサイトとは・・・難しいですね。
更新されているサイトでしょうか??
[ 2006/03/26 00:38 ] [ 編集 ]
亜茶さん、突然こんな事を言って申し訳ないんですけど
亜茶さんは普段どのようなサイトを見に行ってます?
いつも行くサイトにはどんな素晴らしいところがありますか?
亜茶さんが思ういいサイトってどんな感じですか?
[ 2006/03/25 22:03 ] [ 編集 ]
曹操は自分に自信を持ちすぎていたんでしょうね~。詩にしても策にしても。ちょっと冷静になって考えれば天候なんていつでも変わることぐらい分かっていたはずなんですが。油断大敵という言葉がぴったりです。
[ 2006/03/25 21:42 ] [ 編集 ]
読み直してみると曹操もよく考えてるのですねf^_^; 「赤壁は曹操が~」という固定観念があるのかもしれません。。(>_<)
[ 2006/03/25 16:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム