FC2ブログ

三国志73 苦肉の計の巻 

翌日、周瑜はまた軍議を開いていました。
その居並ぶ将軍達の前で周瑜は、曹軍と我が軍の兵力の数の差が明らかであるのでここはひとまず持久戦にもっていき、遠征で疲れた敵の自滅を待つと告げます。
すると黄蓋が、我が軍は初戦で完勝している、今が一気に攻めるべき時なのに大都督の言葉に従っていたらいつまでたっても曹軍には勝てない、そんなことなら張昭殿が言われたように武器を捨てて曹操の軍門に降った方がよっぽどいい・・・と反論します。
これには周瑜も怒り
「私は君命を受けて三軍を統率する身、降伏を口にするものは斬れと言われている。降伏を口にして軍の士気を下げる黄蓋を今すぐ斬りすてろ!!」
と怒鳴ります。
それを聞いた重臣達は三代の功臣である黄蓋を斬るなどとんでもない、敵を倒す前に味方を斬らないでください・・・と口を揃えて許しを請うと周瑜はそれを受け入れ、黄蓋を斬首でなく百叩きの刑にするのです。

年老いた黄蓋の体が太い木の棒で叩かれ始めました。
その背中は真っ赤に腫れ上がり、傷からは血が流れ始めています。
その場にいたものは皆目を背けました。
魯粛がもうおやめください、黄蓋殿は耐えられるお年ではありません・・・と周瑜にとりなしますが、周瑜は聞き入れません。
半分くらいでとうとう黄蓋がその痛みのあまり気を失ってしまいました。
重臣達が慌ててまた周瑜に許しを請うと周瑜は皆をじろりと見渡し、残り50回は預けておく・・・と背を向けました。
それを聞いた重臣達は慌てて黄蓋を連れ出しました。

皆が下がり、周瑜は一人涙を流していました。
これは周瑜と黄蓋で考えた『苦肉の計』の一環だったのです。
実際に黄蓋を打たせ、そのことを蔡仲・蔡和に曹操側へ情報として流させるのが目的でした。
国の為とはいえ、本当なら何の罪もないしかも年老いた功臣である黄蓋を皆の前で打たせなくてはいけなかった周瑜は一人になると黄蓋への謝罪の思いで涙をこらえきれませんでした。
しかし彼はその憎まれ役を見事に演じたのです。
この出来事が今後どのように発展してくのかは次回・・・。

もし今回の話がおもしろかったらどれか一つクリックしてください。
人気blogランキングへ カワイイブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ

74へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/03/05 01:40 ] 三国志71~80 | TB(0) | CM(16)
なるほど、ろうそく責めですねw
ブログやっぱりお休みすることにしたんですね。
再開する時は教えてください。
でも歴史ブログでお会いできますね^^
[ 2006/03/10 21:32 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。自分のブログは1~2ヶ月休む予定ですm(_ _)m 共同ブログにはこれまでどおり顔を出しますので、よろしくお願いしますね(*^_^*)
[ 2006/03/10 08:11 ] [ 編集 ]
火責めって・・・大都督、私を燃やして~♪って感じですか??
ちょっとムリが・・・(汗)
[ 2006/03/09 00:19 ] [ 編集 ]
初投稿ありがとうございました!早く対応していただいて嬉しいです(*^_^*)苦肉の計の次は火責めですか?(違
[ 2006/03/08 08:19 ] [ 編集 ]
食事ものどを通らない程ご心配頂いてありがとうございます(='m')
無事ログインできました♪<(_ _)>
[ 2006/03/07 23:41 ] [ 編集 ]
うまくいきましたか?(>_<)気になってご飯ものどを通りません…(ぇ
[ 2006/03/07 21:11 ] [ 編集 ]
入るところは右上です。ログイン画面はぱっと見、普通の画面と変わらないです。。右上に「新しい記事を書く」と出ます。
[ 2006/03/07 13:21 ] [ 編集 ]
いっしーさん、了解しました。
しかし、Yahooブログを使ったことがないのでどこから管理ページに入るか分からないのです・・・。
右上のログインのところからかと教えていただいたパスとIDを入れてみたんですが、入れませんでした・・・。
[ 2006/03/07 11:38 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/03/07 08:59 ] [ 編集 ]
ではそれでお願いしますm(_ _)m 僕もお笑い記事しか書いてないし、歴史へのアプローチの仕方は自由ですよ(^o^)/
[ 2006/03/07 08:36 ] [ 編集 ]
>いたおさん
ですねですねー^^
今までまるで悪役のようでしたが、今回は悪役のようで実は素晴らしい将帥ですね。
そして彼を支える呉軍の人々がスバラシイ♪♪
あー、呉のファンになりそうなこのごろです・・・。

>いっしーさん
いっしーさんがそこまで誘ってくださるとはありがたい限りです。
でも本当にあそこに載っているようなマニアックなネタは提供できませんけどいいのですか??
なんなら自分の感想くらいしか記事にできないかと思うのですけど・・・。
もしそれで良ければ参加させていただきます<(_ _)>

その道・・・は最初ホモの方かと思いましたwww
Mの方ですねw
目覚めたら・・・ヤダな・・・苦肉の計専門の武将・・・(-_-;)

>derskeさん
周瑜の呉での生活の本とかも読んでみたいですよねー。
北方三国志では周瑜に愛人がいたような・・・。
ヨン様の周瑜も見たかった・・・。

>あなろぐさん
ありがとうございます。
息子はだいぶよくなりました。
韓国のおみやげ話、楽しみにしてますねー♪
ランキングもありがとうございます<(_ _)>
歴史部門でないところは主婦部門にいます。
歴史部門は競争率低いんですけど、アクセス数も少ないので移動して試しています。
[ 2006/03/06 13:08 ] [ 編集 ]
その道に目覚める黄ガイ…失礼しました(>_<)
[ 2006/03/06 08:45 ] [ 編集 ]
下の記事今日はじめて読みました。
お子様どうですか?
早くよくなるといいですね。
来週韓国に行くことになりました。
土産話もってかえてきます。

それと、ランキングかわりましたね。
全部見ていきます。
[ 2006/03/05 23:39 ] [ 編集 ]
は三国志では、わき役なんだけど
イイ味出してます。
この人のドラマがあったら面白いかも。
[ 2006/03/05 12:00 ] [ 編集 ]
 文字通り体を張った黄蓋も見事です。呉の結束、曹操を粉砕!といきたいですね。

 あと例のブログに三国志ネタをアップしました^^ たまに&短い記事でいいから亜茶さんも投稿しませんか?再度のお願いです。。(>_<)
[ 2006/03/05 11:54 ] [ 編集 ]
一人涙を流す周瑜に好感度大幅アップです。
憎まれ役を演じる…カッコ良すぎます。
[ 2006/03/05 02:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム