FC2ブログ

三国志70 魯子敬の災難の巻 

魯粛はその後すぐに孔明を訪れ、どうするのですか、あんな約束をして・・・と訊ねました。
しかし孔明はこうなったのも魯粛のせいだと責めます。
魯粛に周瑜の策略に気付いていたことを口止めしておいたのにそれを周瑜に話してしまった、だから周瑜は自分を害そうとしてこんな無理難題を押し付けたに違いない、10万本の矢など、3日どころか30日あっても作れるわけがない・・・と嘆きます。
そして魯粛に魯粛は江夏で劉備に孔明の命を保証してくれた・・・だからもちろん助けてくれますね??と頼みます。
魯粛は困ってしまいました。

魯粛はしばらく考えると自分も処罰を受けることを覚悟して孔明を逃がすからこのまま劉備のところへ行くようにと言います。
それを聞いた孔明は非常に嬉しそうです。
しかし孔明は、劉備の使命を帯びて呉に来ているからこのまま逃げ帰るわけにはいかない、その代わりに30人ずつの兵士を乗せた船を20艘に太鼓を用意してくれれば充分だ、20艘の船には船体を青い布で被い、藁人形を千体ほど船の両側に並べる、それで3日目には必ず約束通り10万本の矢をお届けしましょう・・・と言うのです。
魯粛は不思議に思いますが、そんなものでいいのなら・・・と孔明の言う通りに用意します。
もちろん孔明はそのことも周瑜には言わないようにと口止めし、今度はさすがに魯粛も黙っているのでした。

三日目の夜に孔明は魯粛を呼び出しました。
魯粛は矢が見当たらないので今日が期限の日だが、矢の用意はできたのかと聞きます。
すると孔明はそれには答えず、自分の船の中に魯粛を誘って酒を酌み交わし始めました。
いつしか船は動き始めていました。

船がどんどん進んでいくので不安に思った魯粛がどこへ行くのかと聞くと孔明は長江の北岸の曹陣営の水上塞までだと言います。
充分な軍備もなく敵軍に近づいては危険です。
魯粛は自分を陥れるつもりですか!とうろたえますが、孔明はにこやかに酒を飲むだけです。
そこへ小姓が霧が出てきたと報告にきました。
孔明は木窓を開けて外を確認します。
魯粛は曹陣営に近づくなどとんでもないっ!私と孔明先生の命のためにも早く船を戻してくださいっとますます取り乱します。
それを聞いた孔明は大笑いし、おおげさな方だ、気持ちが落ち着かないようだから琴でも奏でて差し上げよう・・・と琴を弾き始めるのです。
先生のでたらめな琴など聞きたくありませんっ!!と魯粛はそれどころではありません。
彼はもう死んだ気になって目をつぶっていました。
そして船はどんどん曹陣営に向かって進んでいくのです。


孔明はきっとわざと魯粛が周瑜に話してしまったことを責めて困ったふりをしたにちがいありません。
いじわるですねぇ・・・でもきっとこれもまた魯粛が周瑜にバラしてしまわないようにする為ではないかと思うのですが、どうでしょう??
魯粛をいじめて喜んでいそうな気もしますが・・・。

今回の話で気になるのはどっち?
■やっぱり孔明はSか
■孔明の琴は本当にでたらめか
矢についてはあえて言及しません。。。

71へ飛ぶ
71~75へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/02/17 00:46 ] 三国志61~70 | TB(0) | CM(4)
>いっしーさん
魯粛は孔明にいぢめられる運命の星の元に生まれてるんでしょうねw
でも孔明は彼にたくさん助けられていると思います。

>derskeさん
ホント、孔明は手品師か魔術師のようですが、またそこがおもしろいんですよね、演義系って。
ありえなーい突っ込みどころ満載ですw

>あなろぐさん
あなろぐさんのこの反応はなんか嬉しいですね。
なんか関西弁入って素っぽいし。
続き頑張ります。
[ 2006/02/17 23:55 ] [ 編集 ]
むちゃくちゃ気になる終わり方じゃなスか!
どうするんやろ?
結末は蒼天と同じなんでしょうけど
途中が違うので面白いですね
気になるー
[ 2006/02/17 20:24 ] [ 編集 ]
思い出しましたよ。
孔明先生、やりますな。
まるで、手品師のような…。
[ 2006/02/17 19:53 ] [ 編集 ]
ロ粛の災難は毎度のことで気の毒な限りです(>_<)孔明は…やめときます。。
[ 2006/02/17 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム