FC2ブログ

サングンを率いて・・・ 

スイマセン、最近三国志はさぼり気味です。
その代わり何をやっているのかというと本を読んでいます。
歴史小説ですが、その本の内容についてはまた後で書くことにして、今回これを読んでいて一つ分かったことがありました。

三国志のDVDを見ていると『サングンを率いて・・・○○せよ!』というシーンがたまにあります。
サングン・・・参軍?三軍?
と思っていたんです。
今回その謎が解けました。

どうやら兵には単位があるようです。
兵500で『旅』。
旅が5つで『師』。つまり兵数は2,500。
師が5つで『軍』。一軍は12,500。
つまり三軍とは37,500の兵?

例えば呉『軍』というからには12,500人以上の兵ということではないでしょうか?
劉備のように兵の数が1,000とかだと軍とは言わず、二旅というのが正しいのかもしれません。
この単位で兵数を数えたり、陣形を作ったりするのでしょう。

でも一応調べてみたら現在でもこの単位は使われているではありませんか。。。
・・・知りませんでした・・・(;´Д`A ```

2007・5・29追記
中国において三軍の三はいっぱいという意味だと下にコメントをいただきました。
つまり三軍というのは全軍という意味ですね。
確かに三軍を率いたのは周瑜大都督でした。
訂正します。

スポンサーサイト




[ 2006/02/05 01:25 ] 歴史ネタ | TB(0) | CM(8)
>名無しさん
そうだったのですね。
ありがとうございます^^
訂正いれさせていただきますw
[ 2007/05/29 23:20 ] [ 編集 ]
中国における三軍の三は基本的にいっぱいの意味です
ですから三軍を掌握は全てという意味です。すみません
あやふやですが・・・orz
[ 2007/05/28 21:35 ] [ 編集 ]
あのあちゃさん、Googleの件ですけど
一度わたくしのタイトル画像を外して
もう一度テキストリンクしてみて下さい。
今日思ったんですが、ブログの場合
タイトルはテキストリンクの方がいいかもしれません
それと戻す場合
☆アフィリエイトを始めよう☆
ではなく
アフィリエイトを始めよう
で戻してください。
☆印も検索エンジンのスクロールはタイトルの一部として捉えてしまうので、あちゃさんが
アフィリエイトを始めよう
で、登録したなら必ずそのままのテキストにしてください
それと、前のあちゃさんタイトルテキスト文字ですが
実は アフィリエイトを始めよう こうなってたんです。
違いがわかるでしょうか?
アフィリエイト
アフィリエイト
この違いです。ここも登録した通りの方がいいです
[ 2006/02/08 07:11 ] [ 編集 ]
>derskeさん
グリーンベレーってなんですか??
なんせ少数ですね、劉備。
でもツワモノぞろいですけどw
こちらこそよろしくお願いします♪

>いたおさん
もし自衛隊の第○師団が2500人の軍隊じゃなかったらゴメンナサイ。
でもその可能性は大だと思います。

>あなろぐさん
本当にあなろぐさんは経験豊富ですねー。
なにげに中国語も分かるんですか??
しかし、糸切りって・・・ムズイ(汗)

>いっしーさん
アタシは読むのははやいんだけど、あまり深く考えてないんもんで頭に残らないんですよね。
これからもうちょっとよく考えて読まなくては・・・。
[ 2006/02/07 23:26 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。小説の決まり文句ですねf^_^;今もある言葉とは…!
[ 2006/02/06 08:46 ] [ 編集 ]
むかしホテルの中の中華料理屋でバイト
したことあるんですいよ
今でも憶えてる単語は
片 ピエン 薄切り
糸 スー  糸切り
米 ミー  みじん切り

なんとなく感じがわかるでしょう?
やはり元は地続きだったんですね

兵500で『旅』。
旅が5つで『師』。つまり兵数は2,500。
師が5つで『軍』。

これもなんとなくなるほどと思ってしまいます
[ 2006/02/06 03:28 ] [ 編集 ]
よく自衛隊とか第○師団とか言いますね。
あれは2500人の団体のことだったのか。
なるほどー勉強になりますねー。
[ 2006/02/06 02:04 ] [ 編集 ]
~師団って言いますね。
それにしても劉備は少数精鋭というか
今で言うグリーンベレーみたいな感じでしょうか。
ゴルゴやジェームズ・ボンドがたくさんいたんでしょうね。
リンクまでしていただき、感謝です。
これからもよろしくです。
[ 2006/02/05 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム