FC2ブログ

三国志60 孫仲謀の憂いの巻 

その頃、呉では曹操から降伏して共に劉備を討つように書かれた書面が届いていました。
それをうけて孫権の幕僚達の間では抗戦派と降伏派とでもめていたのです。
若き君主孫権は迷っていました。

そこへ魯粛が孔明を連れて帰ってきたのでした。
しかし、孫権の幕僚達は孔明が孫権に曹操を討つよう仕向けにきたに違いないと反発します。(事実その通り。)
魯粛は事前に孔明に孫権の前で曹操軍が大軍だということを言わないようにと何度も口止めをしていました。
しかし孔明は幕僚達の前で曹操軍は百万であることをあっさりばらし、さっさと曹操に降伏した方がよいと逆にすすめるのです。
それが腑に落ちない孫権はじゃあなんで劉備は曹操に降伏しないのかと問い詰めます。
すると孔明は我が君(劉備)は漢王室の末裔であり、例え勝ち目がなくとも逆賊に降伏などせず最期まで戦うところが孫将軍とはちがうのだというのです。
これに対して怒ったのは孫権です。
なんだかバカにされたかのようです。
怒りのあまり奥へ引っ込んでしまいました。

慌てたのは魯粛です。
孫権の怒りを買えば同盟どころかこのまま呉で孔明が処刑されてしまうこともあるのですから。
魯粛が孫権を怒らせた孔明を攻めると孔明は本当は曹操を破る策もあるのだが、孫将軍がそれを用いる気があるのか試してみたのだ・・・とにこやかに答えるのでした。

それを魯粛が孫権に報告すると孫権は短気になってしまった自分を恥じ、改めて孔明の元へ出向きます。
そこで初めて孔明は曹操軍は百万といっているが実質はもっと少ないということ、兵の大半は袁紹と荊州の兵で心から曹操に忠誠を誓っているわけではないこと、しかも遠路の出兵で疲れており、水軍に不慣れであることなどを告げます。
それを聞いた孫権は一旦挙兵を決意します。

ところがそれを聞いた降伏派の幕僚達は猛反対します。
独裁派の曹操と違い呉は孫堅時代からの幕僚達の力が強い国でした。
それで孫権はまたまた迷ってしまいます。

そこへ呉国太(ごこくたい)がやってきました。
この呉国太は孫堅(孫権の父)の第二夫人でした。
孫権は第一夫人の子でしたが、第一夫人が亡くなる時に妹の呉国太を母と思うようにと言い残していたこともあり、孫権にとっては母同然の人でした。
孫権が悩んでいるのを知ると呉国太は兄の孫策の遺言を思い出させます。
孫策は亡くなる時に孫権に自分で決断できないことが起きた時は国内のことは張昭に、国外のことは周瑜に相談するようにと言い残していたのです。
それを思い出した孫権は早速ハ陽湖で水軍の訓練をしている周瑜を呼び寄せるのでした。

孔明が呉の幕僚達と対面した時、舌戦があったとされています。
しかし幕僚達は誰一人議論で孔明を打ち負かすことは出来なかったようです。
さすが口喧嘩無敗の男。(意味が分からない方はこちらを参照)
次回はいよいよ孔明が周瑜と対面です。

自分が孫権だったらどうしますか?
■なんせ曹操軍は大軍。もちろん降伏。
■相手が大軍でも戦う。(もちろん孔明と組んで)

61話へ飛ぶ
61~65へ飛ぶ
スポンサーサイト




[ 2006/01/18 15:22 ] 三国志51~60 | TB(0) | CM(5)
>あなろぐさん
携帯初投稿オメデトウゴザイマス♪
孫権、アタシが見た時は子どもでしたが、成長するのでしょうか??
周瑜は見てません。
チェックしなきゃ・・・。
でも演義の内容なので、あなろぐさんのお好きな内容が出てくるかどうか・・・(汗)

>いたおさん
アリガトウゴザイマス♪
いたおさんのおかげで2位に上がりました♪
11人中ですが・・・(-_-;)
周瑜は知力100近いのですね・・・。
演義では孔明のが上ですが、正史では周瑜の方が知力が高かった説があったように思います・・・確か。

>結城さん
そのタイトルのセリフはまさに孫権を表しているように思います。
決めるまでは優柔不断でも決めたら周瑜に全てを任す・・・孫権にはそんな器の大きさがあるのではないかと思います。
孔明の舌戦は実はあまり覚えていません。
もう一度DVDでチェックしてみます・・・。
[ 2006/01/18 23:40 ] [ 編集 ]
孔明の舌戦は面白いですよね。あれは私の中では名場面の一つだと思っています。
しかし孫権は優柔不断ですな。というよりこれが普通かもしれませんね。孫堅だったら『曹操になど屈服せぬ』だろうし、孫策だったら余計に『ぶっ潰してやろうぜ!』になるでしょうからね(これは多分、ゲームの世界だけじゃないはず)
[ 2006/01/18 22:56 ] [ 編集 ]
歴史ブログランキング3位おめでとうございます。
なんとトップページの画像つき!凄いです!
私も今度ブログランキングに挑戦してみましょう。

私の記憶では周瑜の知力は100に近いと思いました。
彼もまた天才
孔明と周瑜の天才コンビが組めば敵なし!?
[ 2006/01/18 22:28 ] [ 編集 ]
あちゃさん、携帯からコメント出来るようになりました!
ふふふ、やりました。
しかし、とうとう孫権、周瑜まできましたか!蒼天航路ではなぜか孫権は大変な動物使いですが、周瑜はめっちゃ男前です。
とうとうわたくしが一番好きな場面がやってきましたね!
[ 2006/01/18 18:42 ] [ 編集 ]
http://blog.livedoor.jp/ai_kojima2000/写メもあるので恥ずかしいケドがんばって作ったので見に来てください!
[ 2006/01/18 15:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム