スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

始皇帝暗殺 荊軻  その2 

なんか前回の記事を見ると私の感想ばかりで分かりにくいので、今回は少し説明を付け加えてみようと思います。
簡単に言うと後の始皇帝となる秦王の暗殺を謀った暗殺者の荊軻の話です(ハイ、そのままですね;;)。
時代は秦王が中国統一をする前で、残りの六国を得ようと侵略を繰り返しています。
史実はどうかわかりませんが、ドラマでは荊軻は子どもの頃から秦軍から逃げる生活をしています。
平和に暮らせないこんな世の中を変えなくてはと幼馴染の樊於期は秦の将軍となり、同じ思いを抱いていた荊軻は翻弄されながら刺客となって世の中を変えようとします。
それぞれの立場や思惑の違いはあってもしばしば接点はあるのですが、結局二人とも夢を諦めたところで燕という国で再会します。
しかし、その時燕は秦に滅ぼされる寸前、燕の太子丹は秦の侵略から逃れるために秦王暗殺を考え、その刺客として荊軻に白羽の矢がたつのです。
荊軻が秦王に近づくために必要なものは二つ、燕でも最も肥沃な「督亢」の地を割譲することと、元秦の将軍で秦王の怒りに触れ逃亡してきていた幼馴染の樊於期の首を差し出すことだったのです。

個人的には平和な世の中にしたいという願う男たちの奮闘劇、、、というイメージを持ちました。
やり方は違えど、みんな願っていることは同じなのです。
しかしこのドラマ、途中で荊軻役の劉(リウ・イェ)さん、全く出てこなくなり、樊於期のドラマみたいになってました。
確かに彼はデキル将軍だし、男気があり、とーってもステキですが、堅物で人が良すぎる為出世できません;;
ん~、それが彼のイイところなのだが。。。
そして、ここで主役を食った樊於期役の俳優さんを調べなくてはっ!!
と思い立ったのに彼が王亜楠(ワン・ヤーナン)さんだとたどり着くのにえらい手間取りました。
何故なら樊於期役は邵兵(シャオ・ピン)さんだと書いてあるサイトがいくつもあり、しかし彼の画像をいくら探して眺めても樊於期には見えない・・・;;
しかも日本では王亜楠(ワン・ヤーナン)さんより邵兵(シャオ・ピン)さんの方が公式サイトもあるくらいメジャーだったようでして。。。
しかしよくよく見たらエンディングにちゃんと載ってましたねw
まぁ、樊於期とてもステキだったので他の王亜楠(ワン・ヤーナン)さんも見てみたい気がします。
劉(リウ・イェ)さんは途中主役を奪われた上、最初は人が良すぎる頼りない男だし、刺客になると無口で愛想のない男だしあまり見せ場がありませんでしたが、後半ところどころで彼の最大の長所であるステキな笑顔が見れたのでほっとしています。
あとこのドラマの二大俳優とされている何潤東(ピーター・ホー)、荊軻の友人の高斬離という音楽家の役ですが、友人という割には樊於期より接点少ないし、友情のシーンって本当に最後だけのような。。。
しかも最後のあたりで秦の密偵の女性との間に子どもがいたことが判明。
ウーン、彼の中性的なキャラとあの色気たっぷりの女密偵という組み合わせがどうも作り物っぽぃ感じが・・・。彼もその後秦に行った人物のようなので、もうちょっと彼との絡みが欲しかったかも。。。

司馬遷の史記の『刺客列伝』には荊軻のことが載っているようです。
秦王の暗殺は例え暗殺に成功したとしても、生きて帰れる可能性はありません。
いわば荊軻は燕の人々のために死にに行くようなものです。
易水のほとりで太子丹と燕の人々の見送りを受けた際、荊軻はその時の気持ちを高斬離の琴に合わせて詠んでいます。
『風蕭蕭として易水寒し、壮士ひとたび去ってまた還らず』
この時、易水の寒さと荊軻の悲壮な覚悟に髪の毛は冠を衝かんばかりだったとか。
そしてこの歌の通り、再び荊軻がこの地を踏むことはなかったのでした。
スポンサーサイト

[ 2007/12/25 16:03 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(2)

『始皇帝暗殺 荊軻』 

先日たまたまテレビが面白くなかったので、動画を探していたら見つけましたよ『始皇帝暗殺 荊軻』。
『小さな中国のお針子』の時に劉(リウ・イェ)さんという俳優さんをチェックした際にこのドラマが出てきたのは覚えてたんですが、それっきりで。。。
その後真田広之・チャンドンゴン主演の『無極 PROMISE』にも出てはいたんですけど、呪いのマントを脱げないとかいう悪役で、ちっとも男前ぶりが見られなかったので残念に思っていたのです。
まぁこのドラマもあまり深く考えず見始めたら、オープニングに劉(リウ・イェ)さんだけじゃなく、『1メートルの光』に出ていた何潤東(ピーター・ホー)がががっ!!

劉(リウ・イェ)さんは荊軻という暗殺者の役のようなのですが、保守的で人が良すぎでちっとも暗殺者らしくありません。
しかも田舎に男二人に女一人で優しいけれど恋は実らない方の男役・・・って『小さな中国のお針子』と同じ設定じゃありませんかー!
しかも相手の女性にいいように振り回されっぱなしで、しまいには騙されてます。
利用する女も女だけど、振り回されっぱなしの男もどうかと。。。
もう一人の樊於期(ハンオキ)は顔がタイプじゃないと思っていたけど、何度も『生れながらの将軍』とでてくるように、頭のキレるデキール男。
残念ですが、やはり樊於期の方がステキに見えてきます。

ちなみに荊軻という人物について調べたところ、実際に始皇帝暗殺を企てた刺客のようです。
『英雄~HERO~』も彼を元にして作った映画なのだとか。。。
しかし、この暗殺を決行するために、幼馴染の樊於期を犠牲にし、さらにこの暗殺が失敗したせいで大勢の人が悲劇にあったというショッキングな史実、これがどのようにドラマ化されているのか目が離せません。
今のただ人の良い慶(のちの荊軻)のイメージでは全く暗殺などという言葉が結びつかないのですが、そこはこれからの劉(リウ・イェ)さんの見せどころといったとこでしょうか。
ちなみに何潤東(ピーター・ホー)が出てくるところまでまだ進んでいないので、彼についてのコメントはありません;;
Yahoo動画が全部そうなのかは分かりませんが、このドラマ一話が前半・後半の20分強くらいずつに分かれているのでちょっとした合間に気軽に見れるのが嬉しいところです。
45分一話みようと思うとちゃんと時間とらなきゃですし。。。
時代は秦の始皇帝が秦王にはなっているものの実権を握る前で、秦王の政が政権を手に入れるあたりにも触れてくるのではないかとこの辺はよく知らないので楽しみです。

[ 2007/11/22 12:20 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(3)

1メートルの光 

これも前に一度見てあまりはまれなくてそのままにしていたドラマです。
日本でも活躍している何潤東(ピーター・ホー)主演とありましたが、名前は見たことあるもののよく知りませんでした。
ストーリーは愛人のために罪を犯してしまったエリート女性チュアンシア(孫儷 スン・リー)と彼女に恋してしまったバーテンダー、チェン・ウー(ピーター・ホー)のただの恋愛ドラマかと思いきや・・・7話で急展開・・・。
ここではまりましたねw
ネタバレですので見る予定のない方だけドラッグ↓(最近コレ流行ってて一度やってみたかった・・・。)
なんとヒロインのはずのチュアンシアがいきなりの自殺。
ストーリーは目の前で自殺したチュアンシアを思い続けるチェン・ウーとチュアンシアの消息を求める彼女そっくりの妹アイ・ユアンにうつっていく。


ここで見たことあるのはチュアンシアの不倫相手でニアングループの(副)総裁リアンシウ。
前にも書きましたが、『天国のウェディングドレス』でコスモ役でした。
お金持ちのおじさま役がピッタリですねw
そしてもう一人はあの『浪士燕青(エンチン)』のシーシー役の于娜(ユー・ナー)。
チェン・ウーの友達ミラの彼女フェイヤの役です。
エンチンの時の方がやっぱり天下一の遊女役ですから、美しさも迫力ありました。
こちらでもとりあえずその綺麗さに変わりはなく気の強そうな芯の通ってそうなイメージもそのままです。

主演のピーター・ホーは長身で顔もかわいいのですが、どうも私はこのチェン・ウーというバーテンダーの良さが理解できないままきています。
まぁ、カッコイイし優しいけどその魅力がいまいちわかりません。
そんな中とても気になるのがチュアンシアの部下で、チュアンシアの妹のアイユアンの婚約者のニアン・リルン役の印小天(イン・シャオティエン)です。
チュアンシアにつきまとったり、問題が起きると逃げ出してしまうアホなおぼっちゃん役ですが、彼がアイユアンを一生懸命口説いてるシーンには心打たれます。
遊び人の設定ですが、キスしていいかと聞いて相手が待ってるのに気付かずダメなのか??と怒らせてしまうあたり、どうしても遊び人には見えません。
以来、このドラマの中で女性にキスしていいか許可を求めるのはタブーになっているのが笑えます。
まぁ、確かにね聞かれても困るよね、フツウ。

このドラマは上海と麗江それにバンクーバーの三箇所が舞台になっており、特に麗江の美しさはドラマの見所の一つになっているようです。

[ 2007/04/04 02:02 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(6)

天国のウェディングドレス(天國的嫁衣) 

前回、恋愛物は見る気になれない!!とか書いておいてどっぷり恋愛物見始めてしまいました。
しかもこのブログは動画ブログか!?っていうくらいテーマ変わってきてしまっています。
三国志いつ終わるんでしょうか?
誰か教えてください。。。

中国ドラマを片っ端から見てもやっぱり登場人物が自分の好みでないとどうもはまれない・・・。
ましてやお国が違うから見慣れぬ顔ばかり。
そんな中で登場人物が美男美女だったのではまれましたw

陶艾青タオ・アイチン(王心凌シンディ・ワン)の家と農園が兄に勝手に売られてしまった。
買ったのは一流デザイナーで金持ちの息子の陸子皓ルー・ズハオ(立威廉レオン・ジェイ・ウイリアムズ)。
彼は艾青がフランスへ旅行した際に同じ芸術品を取り合った因縁(運命?)の相手であった。
悩む艾青を助けていくのは知り合ったばかりのレーサー、程海諾チェン・ハイヌオ(明道ミン・ダオ)。
それぞれの事情を抱えて三角・・・いや、陸子皓の恋人カトリーヌを交えて四角関係に発展していく・・・。

金持ちの男と庶民の女の子のドラマはなんか以前にも見たような気がする。
よくある設定のようですw
あれも台湾ドラマで英語交じりでしたが、今回もめっさ英語混じってます・・・。
なんで家族と話すのに中国語と英語混じってるの??
あちらの人ってみんな英語もできるんでしょうか?
最初は陸子皓ルー・ズハオ役の立威廉がイイと思ってたのだけど、最初のうちはこの人めっさヤな奴です。
時折見せる優しさに艾青アイチンは惹かれて行くんだろうけど、そばにいる程海諾チェン・ハイヌオの方がどう見てもいい。。。
この程海諾、最初はちょっと軽薄な感じもするけど艾青のために何かと世話を焼いてくれ、落ち込んだ時は慰めてくれ、かといって決してでしゃばらず、自分に不幸がおきても泣き言ひとつ言わずじっと耐え、艾青の幸せを願っている・・・チョーーー男らしいです♪
海諾役の明道さんはやはり胡兵系。
(-ω-;)ウーン あちらはこれ系の顔が多いのでしょうか。

艾青アイチン役の王心凌シンディ・ワンは中国(台湾?)のアイドルのようです。
最初は不自然な程の分厚い前髪がどうも垢抜けなかったけど、段々ナチュラリィになってきましたw
顔も見慣れてきてとてもかわいらしいです。
彼女ならこのおとぼけた役も許せそうな・・・気がするw
オープニング、エンディング共に彼女が歌ってて、字幕もついているせいかとてもイイですw

華流エンタメ情報発信局というところでこの立威廉と明道のインタビュー動画を見つけてしまいました。
でも見ない方がいいかもしれない・・・(といいつつリンク貼る)。
立威廉はドラマの中の冷たさの中の優しげな微笑はなく、明道にいたっては別人か!?というくらい太って顔の輪郭が全く違う・・・(TдT)
ちょっとイメージ壊れました・・・w
それに立威廉ってなんで漢字表記なのにレオン・ジェイ・ウイリアムズって英語名なの!?と思ってたらどうもあちこちの混血のようです。
八分の一は日本も混じってるのだとか・・・。

それから今まで見たことのある俳優さんも何人か出ていました。
陸子皓の会社で働いている男性社員に『ラブ・ディクショナリー』でアパンの彼氏役だった人。
それからカトリーヌの父親役に『1メートルの光』(記事かいてないけど)の主人公の不倫相手のオジサマ。

残念なことに『天国のウェディングドレス』は6話から11話まで見逃してしまいました。
でも普通に12話からまた見ても分かりましたw
5話の後は二週間で更新されているようです。
結局海諾を振って子皓と付き合うことになった艾青。
しかし彼と結ばれるにはまだまだ困難が待ち受けていそうな気配です。

[ 2007/03/02 12:09 ] Yahoo!動画 | TB(0) | CM(4)

プロット・アゲインスト  

Yahoo動画で見ましたが、Gyaoでもこの間までやってました。
実は一話前半をずーっと前に見たのですが、それっきり。。。
最近また中国ドラマを見たいなーと思っていたのですが、どうも恋愛だけがテーマのドラマは見る気になれなくて・・・(年のせい?)それでこのドラマを思い出したのです。
一話の後半を見たらソッコーはまってしまいました。

中国共産党の盗聴、暗号解読を専門とした秘密組織『701部隊』が舞台。
敵の発信する無線を聞いて諜報活動を行う彼らだったが、ある日それらが全て消滅してしまう。
彼らは三ヶ月以内に消失した敵の無線を全て探し出さなければならないのだが、それは到底不可能であった。
そんな時に特に耳の優れた聴力者ルオを探しに行ったアンザイテンだったが、彼が連れて帰ってきたのは盲目の知的障害者アビンだった・・・。

このアンザイテンがチョーーーーイイ♪♪です。
最初はただのオヂサン・・・としか思ってなかったんだけど、見れば見る程イイ♪
本当はただの諜報員(っていうか副所長?)だと思うんだけど、アビンを連れて帰ってきたために、ことあるごとに組織とアビンの間にたち、アビンの親代わりとなって普通とは違うアビンをうまく操縦していく。
アビンが国民党の残党に誘拐されたときもその機転で見事に救い出す。
アンザイテン、ステキーーーー♪♪
途中で結婚しているアンザイテンを好きになってしまった女性が出てくるけど、彼女の気持ちがよーく分かります。
しかし、最後にアビンを裏切ったアビンの妻リーシャオホンに対するアンザイテンの態度は怖かった・・・。
フェミニストの私としては彼女の言い分ももうちょっと聞いてあげてれば良かったじゃないか。。。と思うのだけど、心血をそそいできたアビンを傷つけたシャオホンを本当に許せなかったのだと思う。
でも彼女も被害者だと思うのだけど・・・。

このドラマ、10話までしか公開されてませんが、ここまでが一部。
三部まであるようです。
是非続きが見たい!
Yahooさん、Gyaoさん、どちらでもいいので続きの公開を期待します。


[ 2007/02/21 00:35 ] Yahoo!動画 | TB(1) | CM(6)
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。