スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『風林火山第31回 裏切りの城』から苦肉の計 

毎週目が離せない風林火山ですが、この度あるお方に惚れてしまいました・・・。(マタ?)

かつての領地奪還を目前にした真田幸隆(佐々木蔵之介)。
山本勘助(内野聖陽)が戒めたのにもかかわらず、自分の郷を取り戻すことがずっと悲願だった彼は心が逸る。
そこへ自分の家臣の中に敵方、村上義清(永島敏行)の間者がいることを知らされる。
そしてそのすぐ後に間者とされる家臣を責め立てるシーン。
鞭で打ち蹴りを入れ、その家臣の弟に、間者と決めつけた兄を斬らせようとするその姿は怒りのあまり冷静さを失ったとしか見えない。
弟はあまりの仕打ちに敵方村上のところに駆け込む。
牢に入れられスパイの疑いをかけられた兄を取り戻すために兵を貸してほしいと・・・。
しかしここで平蔵(佐藤隆太)の真田は謀の多い男だ・・・の一言で私も気づきました。
今までの真田幸隆という男は家臣の信頼厚く困難にも決して負けない立派な武将だった。
そんな彼が領地奪還という欲に目がくらんで大事を目前としたこの時期に家臣の信頼を失うようなこんな浅はかなことをするか?と。。。
案の定、本当の間者が出てきて村上にこの話に偽りはないとご丁寧に証言までしてくれます。
これってもしかして三国志に出てきた苦肉の計??
そして村上はまんまと罠にはまり、兵を出す。
村上軍を待ち伏せしていた真田幸隆の冷静な『放て。』の一言にしびれました・・・。
彼のそのセリフがもう一度見たくって再放送まで見ちゃいましたw
でもよくよく見てると苦肉の計を持ち出したのは真田幸隆ではないんだけどね、、、
しかし、真田役の佐々木蔵之介サン、ステキでした♪

とまぁ、本筋の武田晴信(信玄)と上杉謙信はあまり出てこないシーンでしたが、最近このドラマに出ているとある俳優さんが私と同じ年だと知ってショックを受けています。
なんなんでしょ、この貫禄の違いは!
隣に並んだら親子に見えるに違いありません(ムリ)。
次回は長尾景虎(上杉謙信)を探る為に越後に潜入した勘助が、正体を半ば見破られ人質となるなんて益々見逃せません。
来週・・・っていうかもう明日!是非是非見なくては!
しかし残念ながら明日は帰省で何時に着くかわからないのでこれは録画予約していくしかありません><
それでは皆様お盆明けまで御機嫌よう♪
スポンサーサイト

[ 2007/08/11 15:14 ] 歴史系テレビ・本 | TB(1) | CM(12)

西太后 大清定刻最後の光芒 


icon
icon
私は今まで歴史関係の本は小説でないとおもしろくないと思っていました。
だから多少フィクションが混ざっていても小説仕立ての本を好んでいたのです。
この本は小説ではありませんが、そんな私のイメージを払拭してくれるにふさわしいものでした。
この本のおかげで今までGYAO系ドラマを見ていて不思議に思っていたいくつもの疑問が解決されました。

例えば西太后に対する呼び名です。
西太后というのは紫禁城内の西の建物に住む皇太后という意味。
当時東には東太后もおり、東太后が生きている間に彼女と区別するために使われた呼び名らしい。
東太后が亡くなった後は区別する必要がないのでその呼び名は使わなくなったようです。
中国語を勉強し始めたばかりの私の浅い知識では皇太后は中国語で『フォアンタイホウ』。
『康煕王朝』では皇太后はそのように呼ばれていたように思います。
なのに、『西太后の・・・』ではどう聞いてもそうは聞こえなかったのです。
かと言って『西太后』とも聞こえなかった。
だから勝手に他にも呼び名があるんだろうな・・・と思っていました。
しかし、この本によると西太后は宦官や官女には自分のことを『老仏爺様(ラオフォーイエ・仏様)』と呼ばせ、甥の光緒帝には『親爸爸(チンバーバ・実のお父さん)』と呼ばせていたらしい。
そう言われてみれば確かにそう呼んでいました。

その他にも八旗の仕組みや后妃のランク、皇帝の子どもの死亡率など、ドラマを見てきただけでは分からなかった疑問点が解けていきました。

しかし最後にショッキングな話も載っていました。
後に西太后の陵墓は革命軍に荒らされ、一緒に埋められていた金銀財宝だけでなく、遺体から服や下着までもが剥がされ、一説には屍姦を試みた兵士もいたとか・・・。
同時に乾隆帝の墓も暴かれて首を切り落とされたとか・・・。
そういや『ラストエンペラー』でそれを聞いた溥儀がショックを受けるシーンがあったけど、そんなにひどい内容だったとは・・・。

ちなみに西太后は『せいたいごう』でなく、『せいたいこう』と読むのが正しいんだとか。
最後までへー!!な内容でした。
[ 2006/07/11 16:13 ] 歴史系テレビ・本 | TB(0) | CM(5)

映画  続西太后 暴虐の美貌   

ドラマでの西太后は 咸豊帝→同治帝→光緒帝→宣統帝(ラストエンペラー)のうち、ほとんど光緒帝時代の話でした。
それでそれ以前の西太后はどんな人かと思って結局映画を借りに行ったのです。
以前に映画が二本あったと書きましたが、一本は続編でした。
でも主役の女優さんが同じで内容も少しかぶってるとか。
どっちかを見るとしたらやっぱり陳道明さんの出てる方かと思って続編の方を借りてきました。

とにかく16年くらい前のビデオで映像が悪くて分かりづらかったです。
内容も結局西太后がかわいがっていた宦官は偽宦官だったのか、ホンモノの宦官だったのか・・・??
なんだかレズっぽいシーンもあったけど、あれはもしかして母乳を飲んでいたのか・・・?
西太后の実子、同治帝役の陳道明さんは若かった。
若いけど、今のほうが渋くて私は好きです。
彼が気に入る女性はみんな西太后が気に入らなくて結局外の売春宿へ行くようになります。
そこで性病をうつされて死亡。
それを妊娠中の皇后のせいにされて彼女は宙吊りにされます・・・で終わりかと思ったら落とされましたil||li _| ̄|○ il||li

残酷ですが、もう一本の方はもっと残酷らしい。
手足を斬られて瓶詰めにされるとか・・・?
恐ろしい・・・。
[ 2006/06/06 15:05 ] 歴史系テレビ・本 | TB(0) | CM(4)

封神演義と太公望 

封神演義はご存知の方も多いでしょう。
もちろん原作じゃなくて、少年ジャンプで連載されてた方です。
実家に帰った時にあったんですよ、コミック全23巻・・・(だったかな?)
もちろん読破です(T▽T)アハハ

封神演義の原作は読んだことがないのですが、演義ですから三国志と同じでフィクションでしょう。
ただ三国志と違うのは人間界と仙人界の話で明らかにこれは史実ではありえない・・・というのが分かってしまう点です。
ただ、実際の歴史の部分も入ってるのでこれを読むと太公望について知りたくなってしまうのが人間のサガってやつです。

そこでやはり宮城谷さんの太公望(上・中・下)読んでみました。



(↑唯一画像が見つかった楽天)

ちなみに時代からいうと
夏(中国最初の王朝)

商(歴史では殷と習ったような・・・。)

西周(春秋時代の周は東周というらしい。)

春秋・戦国(関羽の愛読書・・・『春秋』)

秦(始皇帝)

漢(項羽と劉邦の戦いで劉邦が建てた王朝)

三国(ぃぇ━━ヽ(*゚Д゚)人(゚Д゚*)ノ━━ぃ)

この商を倒して周を建てる文王・武王を補佐したのが太公望というわけです。
三国志の三顧の礼のところで、周の文王でさえ太公望を配下にするために彼の釣りが終わるまでずっと待ち続けたんだぞ・・・と劉備が言うシーンがあったような・・・。

この望という少年は羊を飼って生活する平和な族だったのに、ある日商(殷)の受王(肘王)に父親や一族を殺されてしまい、受王討伐を誓うところから始まります。
兵も組織も持たないただの少年が商を倒し、周王朝を建てる・・・
それだけで気になるでしょ??

ちなみに漫画では美女妲己に肘王が誘惑の術をかけられて悪政を行ってしまう・・・という話でしたが、ここでは妲己は悪者ではなさそうです。
でも後世の人が見たら妲己=悪女みたいな図式が成り立つように書かれています。

そしてこの太公望はいろいろ名前があるようです。
呂望・呂尚・姜子牙・師尚父・・・漫画では望ちゃんでした。
というのも、姓は姜、氏は呂、名は尚または望、字は子牙といろいろあるらしい。
太公望というのは文王の祖父の大公がいずれ周を救う賢人が現れると望んでいたことからそう呼ばれるようになったそうです。
なんせややこしいから統一してほしいゎ。。。

宮城谷さんは太公望が出てくる作品がほかに二作あるらしい。
商側からの『王家の風日』、周側の別の面から『甘トウの人』。
機会があったら読んでみたいです。
[ 2006/05/14 02:06 ] 歴史系テレビ・本 | TB(0) | CM(2)

夏姫春秋 

ちょうど一年くらい前ではなかったかと思います。
新聞に宮城谷昌光さんという作家さんが三国志を書き始めた・・・という記事が載っていたのです。
それを読んだ時にある人と、今から三国志書き始めたら一体いつ終わるんかいな・・・という話をしたのです。
それから一年後・・・なんとその話をしてた張本人が宮城谷シリーズにはまってるではないですか・・・。
私は知らなかったのですが、宮城谷さんという方は『重耳』や『太公望』をはじめ、あの孔明が自らを例えたという『管仲』『楽毅』などたくさんの歴史作品を書かれていた大作家先生だったのです。(宮城谷先生、ゴメンナサイ)
そしてその宮城谷ワールドにはまった知人はことあるごとにそのおもしろさを私に語ります。

私は実は人に大変影響されやすいのです。
かといって人に言われたからすぐ飛びつくわけではありません。
少しずつじわじわ・・・と心の中に浸透し、次第に心の中を占め始め、そしていつのまにか手を出してしまうのです。

その手始めがこの『夏姫春秋』です。
とっかかりは夏姫に絡んだ男達が次々と不幸になるというおもしろそうな内容と、『春秋』はあの関羽の愛読書であったという興味からです。

春秋時代は『三国志』よりも前の『項羽と劉邦』よりも前の『秦の始皇帝』よりもずっと前の時代のようです。
その頃は三国どころか、小さな国がたくさんあって、そして君主の力が弱く、臣下の時代が強い時代であったように思います。
だからたとえ君主の子どもであっても、愚君だと臣下に殺されたり強国に攻め込まれたりあるいは中途半端に賢君だと臣下にうざがられたり・・・と油断できません

夏姫はそんな時代の鄭という小さな国の公女として生まれますが、実兄の恋人となり、そしてそれを知った他の男達にも・・・。
そしてその噂を知った父親が醜聞を嫌い、彼女を他国に嫁がせるのですが、それからも美しい夏姫には(と周りの男にも)いろいろ起こります。

夏姫の話というより、その周りの歴史背景が多々出てきますが、これがまたはまります。
いろんな人間のいろんな思惑と政治が絡んでくるのです。

夏姫に関しては息子の話が切ないです。
息子を思う夏姫のせいで逆に不幸になってしまう息子・・・。
さすがの彼女も後悔したことでしょう、でももうちょっとなんとかならんかったのか・・・。

あとは三国志に出てきた故事が出てきました。
楚王が宴を開いているとふいに部屋の明かりが消え真っ暗になりました。
すると楚王の妾の一人が「誰かが自分にいたずらをした、とっさに冠の紐を切ったから明かりがついたら見つけ出して処罰して欲しい」と楚王に頼みます。
しかし楚王は酒を飲ませたのは自分であるからと犯人を見つけるようなことはせず、その場で全員に冠の紐を切らせて犯人が誰か分からないようにするのです。
後に楚王はその犯人に命を助けられることになる・・・という話です。
三国志のどこで出てきたのか忘れましたが・・・。

私がすっかり宮城谷ワールドにとりこまれた頃、私を陥れた張本人はなんと『24』にはまっていました。
まさかまたそれも・・・?(;-_-;)ビクビク
[ 2006/02/08 14:24 ] 歴史系テレビ・本 | TB(0) | CM(5)
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。