スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三顧の礼 by北方三国志 

最近また北方謙三さんの三国志を読んでいます。
今はちょうど三顧の礼のところ。

三顧の礼というと、劉備が孔明を訪ねると一回目も二回目も留守で三回目にやっと会ってなんとか口説き落として(泣き落して)幕僚に加えることができた・・・というストーリーを思い浮かべていたのですが、この小説では一回目の訪問からあっさり孔明と出会っています。
そして劉備の話を聞き終わった孔明は、劉備の話は誰でも話すようなことで自分の心が動かされることはない。。。と断っています。
そんな言い方しなくても・・・と思いますが、しかしいくつもの死線をくぐりぬけてきた劉備ですから、顔を真赤にしてちょっと動揺はするものの、そんなことではめげません。
二回目に訪ねた時、劉備は今度はこれまでの自分の話をします。
しかし孔明は、劉備のような小さな軍が曹操に勝てるはずはない、自分は静かに暮らしていたいのだといってやはり断るのです。
ウーン、歯にものをきせぬ言い方はやはりあちらのお国柄なのでしょうか・・・。

しかしその実、孔明の心は揺れているのです。
このまま畑を耕しながら自分の人生は終わっていいのか、曹操や孫権に仕官するにはちょっと違う気がするが、劉備ならどうだろうかと、、、と心の中では迷っているくせに、でも劉備にはそんな言葉を投げかけてしまっていたのです。
んもうっ、孔明サマったら素直じゃないんだ・か・ら♪
そして懲りずに劉備がまた現れ、無事三顧の礼となるわけです。
孔明の断り文句にも決して怒らず、それをすべて受け入れた劉備の粘り勝ちです。

三顧の礼というと、目上の人が才能ある人物に礼をつくして頼みごとをすること。。。というのが一般的な意味かと思うのですが、これって恋愛や仕事にも通じるのではないかと思いました。
人間って案外あまのじゃくなんですね。
表面的な言葉だけがその人の本心とは限らないのです。
それを知ってか知らずか、話でしか聞いたことのない孔明の才能に目をつけて、孔明の断り文句にもめげずに粘った劉備はやはり人を見る目があったということなのでしょうか。
孔明が来たことで劉備の命運が変わったことからしても、やっぱり劉備ってタダモノじゃなかったのカモ・・・。

スポンサーサイト

[ 2008/01/26 23:35 ] 歴史ネタ | TB(0) | CM(10)

三国志地図 

なんだかバタバタしていて更新さぼり気味です。
リンクの修正が終わったら三国志も再開します、ごめんなさい。

今回は三国志に浸りたいのに物足りない方に(ぇ?いない?)三国志地図を紹介したいと思います。
三国志の本にはよく地図載ってるんですよね。
都市の位置関係が分かったらストーリーも分かりやすいと思うんです。
本当はね、自分で作ってアップしたいんですが、まだまだ私にはそんな知識も技術もありませんので、自分で検索して一番分かりやすいかな・・・と思ったものをご紹介したいと思います。
こちらです。(勝手にリンク貼りました。ごめんなさい。不都合があったらお知らせください。)
その時々の時代に合わせて分かれてるものや、一部を詳しく載せているものなどもありましたが、私が見た感じではここは三国時代であればあまり関係なく有名どころはおさえてあるし、しかもあまり重くないので見やすいのではないと思いましたがいかがでしょうか・・・?
[ 2006/02/26 01:26 ] 歴史ネタ | TB(0) | CM(5)

サングンを率いて・・・ 

スイマセン、最近三国志はさぼり気味です。
その代わり何をやっているのかというと本を読んでいます。
歴史小説ですが、その本の内容についてはまた後で書くことにして、今回これを読んでいて一つ分かったことがありました。

三国志のDVDを見ていると『サングンを率いて・・・○○せよ!』というシーンがたまにあります。
サングン・・・参軍?三軍?
と思っていたんです。
今回その謎が解けました。

どうやら兵には単位があるようです。
兵500で『旅』。
旅が5つで『師』。つまり兵数は2,500。
師が5つで『軍』。一軍は12,500。
つまり三軍とは37,500の兵?

例えば呉『軍』というからには12,500人以上の兵ということではないでしょうか?
劉備のように兵の数が1,000とかだと軍とは言わず、二旅というのが正しいのかもしれません。
この単位で兵数を数えたり、陣形を作ったりするのでしょう。

でも一応調べてみたら現在でもこの単位は使われているではありませんか。。。
・・・知りませんでした・・・(;´Д`A ```

2007・5・29追記
中国において三軍の三はいっぱいという意味だと下にコメントをいただきました。
つまり三軍というのは全軍という意味ですね。
確かに三軍を率いたのは周瑜大都督でした。
訂正します。


[ 2006/02/05 01:25 ] 歴史ネタ | TB(0) | CM(8)

字で分かる兄弟の順 

前に別のところに書いていた記事を書き直しました。
読んだことある方はゴメンナサイ。

伯父と叔父、伯母と叔母の違いを知っていますか?
両親の兄・姉を伯父・伯母
両親の弟・妹を叔父・叔母
と書くそうな。

これはもともと中国から来てるんだとか・・・。
以前にも少し書きましたが、昔中国では姓名の他に字(あざな)というものがありました。
名は親からつけてもらった大事なものだから気安く呼んではいけないという考えがあってその代わりに字という呼び名をつけたそうです。
その字に使われている文字で兄弟の順番がわかる人がいます。

【使われている文字】
長男 伯 孟
次男 仲
三男 叔
四男 李

というわけで三国志では・・・

長男 孫策 伯符  曹操 孟徳  陸遜 伯言
    姜維 伯約  馬超 孟起
次男 孫権 仲謀  司馬懿 仲達  許チョ 仲康  董卓 仲穎 
三男 孫翊 叔弼(そんよく しゅくひつ・孫堅の三男)
    司馬孚 叔達(しばふ しゅくたつ・司馬懿の弟)
四男 馬良 季常  劉璋 季玉

諸葛喬のようにもともと諸葛瑾(孔明の兄)の次男だったのに叔父の諸葛亮の長男として養子に入ったことから『仲真』→『伯松』と字を変えた人も・・・。

と、冒頭の伯父と叔父の文字もこのような中国の風習から来ているようです。


[ 2006/01/23 13:57 ] 歴史ネタ | TB(0) | CM(6)
三国志


私がここで書いているものは三国志演義を元にした簡単なだいたいのストーリーであり、大幅に省略されています。
第一話から読む場合はクリック
ちゃんとしたものを読みたい方にはこちらをお薦めします。
■三国志演義
■吉川三国志
■北方三国志
■横山三国志(漫画)

プロフィール
広告
ブログ内検索
訪問ありがとう

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。